スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

アリーナ

先日より体調不良で一週間程寝ていました。


少しは良くなったので、サーボのチェックを兼ねて谷田部アリーナへ行って来ました。


しかし、所要で時間を費やし、着いたのは3時近くでした。


この日はGT500の全日本が開催されていました。


僕は当然の如くオフロードへまっしぐらです。


レイアウト変更後、初走行です。


走り出しからB4.1はなぜかグダグダです。


とにかくアンダーです。


低速コーナーこそ曲がるものの、高速コーナーになるとアンダーです。


フロントがアンダーなので、タイヤを変えます。


すると少しはマシになりましたが、まだアンダーが強い感じです。


ストレートエンドからの回り込みでステアリング全開、スロットルちょろちょろでやっと曲がります。


そこで、思い切ってウイングを一番寝かせた状態にします。


ストレートスピードが速くなり、尚且つ高速コーナーでも曲がるようになりました。


さらに低速コーナーでも小さく曲がれるようになりました。


しかし、それでも満足できるレベルには程遠い感じでした。


ダンパー、デフ、スリッパー等、いくつかの原因が考えられましたが、時間が無いので諦めます。


B-MAXは何時に無く好調でした。


ウイングをB-MAX標準からJCハイダウンフォース7インチに変えたことで、リヤのグリップが上がり、安定感が増したのが大きな理由だと思います。


ジャンプも気持ち良く飛べ、大きなミスも無く走ることが出来ました。


最後にB4.1を走らせましたが、ストレート途中で飛びました。


また奇跡的な壊し方です。


アームが折れていないのに、リヤサスピンが抜けました。






不思議な壊れ方をするクルマですね。


そろそろB4.1も全バラメンテの時期なのでしょうね。


リフレッシュしながら綺麗に組みたいと思います。


最終的に不調だった理由は、人間の体調だったということでした。


体調が悪くても普通に走れるよう鍛え直しですね。。。


次の終末は若葉くんとレースなので、楽しんでこようと思います。


ぶっつけレース、何が起こるかわかりませんね。


頑張ります。
スポンサーサイト

アリーナ

今日は朝から谷田部へ行ってきました。


当然の如くオフロードです。


走り始めたのは午後2時頃から約3パック程度です。


いつもと比べて少ないのには、理由がありました。


この日はタイヤを新品にしました。


当然リヤグリップが上がりました。


それに伴い、ウイングが大きいためダウンフォースが強いのでアンダーになります。


そこで、ウイングをヨコモごくらくラウンドからJC6.5インチに変更しました。


フロントとリヤのバランスが取れてタイムも縮みました。


この時点で本日のアリーナでベストを出しています。


ただ、ESCのパワーフィールが違和感ありました。


しかしそのまま走行していました。


すると3パック目、悲劇はおきました。


ビッグエアー進入からアプローチにかけてパワーを入れた瞬間にシャットダウン。。。


そのまま頭から落ちました。


その後ESCは復活することなく終了しまさした。


なのでアリーナで終了依頼をして帰宅しました。


とりあえず本日のベストは、僕がいた間は僕が出せたので良かったです。


次回はESCが直ってきたらもっと試したいことが山なので、少しづつやっていきます。

奇跡?

先日の谷田部で、奇跡的な壊し方?をしました。


それがこちら。






ナックル、Cハブ、サスアームのどれも壊れていませんでした。


それがこの抜け方をしてます。


不思議です。


そのまま直しましたが、再び同じことが起こったのでCハブを交換しました。


原因はCハブの広がりでした。


上下に広がっていたのか、ガタがありました。


ハブを交換してからはガタもなく、外れることもなくなりました。


初めての壊し方でした(笑)

タイム更新

今日は谷田部へ行ってきました。


前回の続きで、セットを毎回変更しました。


まずはデフを変えました。


特に大きな変更はありませんが、使用するグリスを変更しました。


これにより、いい感じの重デフになり、トラクションが増して、好結果です。


次にスプリングを変更しました。


これはヨコモの芹澤選手とお話をさせていただき、アドバイス等をいただきながら進めました。


前回まではフロントにブラウン、リヤにシルバーを付けていましたが、今回はフロントに
シルバー、リヤにグリーンにします。


この変更によって全体的なロールが増え、今までのツッパリがなくなりました。


また、オーバーステア感とは打って変わり、ドアンダーになりました。


しかしタイムに変化はないので、このまま進めます。


次にシャーシに計28gのウェイトを載せました。


これにより着地時の跳ね返りが抑えられ、ジャンプ後のコーナーで姿勢を崩さずに進入できるようになりました。


これでタイムが0.5秒ほど縮みました。


さらに今度はフロントのバルクヘッドに7gのウェイトを載せました。


この変更でフロントのグリップがあがりました。


しかし、ジャンプの姿勢変化にあまり差が見られなかったのには驚きでした。


次はアクスルの高さを変えました。


今まではナックルが一番低い位置にあったのを真ん中の高さにしました。


それによって初期の反応が良くなり、若干ですが初期が曲がるようになりました。


それでもフロントの喰いが甘いので、フロントのスプリングをシルバーから1ランク軟らかいグリーンにしました。


これが抜群に良く、フロントの回頭性だけでなく、全体的にグリップが向上しました。


するとタイムはやっと21秒台へ突入しました。


B4で出たタイムがB4.1では出なかったので苦戦していましたが、これにより第一難関クリアです。


最後にウイングをJC6.5インチからヨコモごくらくウイングのラウンドタイプへ変更しました。


これによって、踏みながら曲げられるクルマになり、タイムもわずかに縮みました。


セットはここまででした。


最後は22秒台でアベレージが揃ったので、ある程度走れるようになりました。


次回はもう少し細かくセットを詰めて、タイムを21秒台で安定して走れるようにしたいと思います。


ボディで0.5秒変わるとしたら、本日の谷田部2WDのタイムでベストになります。


ですが実際にボディを変えて0.5秒縮む保障はないので、まだまだ修行します。


本日はなかなか満足できる練習でした。

アグレッシブ

今日も谷田部へ行って来ました。


今回はセットを変更しました。


まずはリヤが曲がらず、プッシュが弱かったのでトーインを3.5度→3.0度に変更しました。


これにより、足がしっかり動きリヤが小さく曲がるようになりました。


また、プッシュが強くなったため前に出る様になりました。


それから、ヨコモの小池選手と一緒にやりました。


デフとスリッパーの調整を教えてもらい、変更しました。


すると、かなりアグレッシブなクルマになりました。


僕はすごい好みでしたが、小池選手からみると、クイック過ぎて人間が持たないかもと言われました。


それでももう少し全体的に曲げたいので、そのままアタックしていました。



その後、ヨコモの芹澤選手からボディについてのアドバイスを頂きました。


現在使用しているのはクラウドプレイザーですが、このボディはダウンフォースが低くてアンダーが強いボディです。


これではタイムが出ないという事でした。


やはりハイ・フローもしくはパニッシャーといったJCのボディのようです。


こちらは近いうち試しますが、ボディだけで0.5秒変わるとか。。。


理想ですね。


今日もかなりラインを詰めたので、ジャンプはすごく良くなりました。


ビッグエアーをもう少し詰めればタイムも縮められるので、頑張って攻略します。

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。