スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

デフ

4日掛けて、CYCLONEのデフを3個組みました。


なぜ、こんなに掛かったかというと・・・


思い出したくもないくらい悲惨でした(笑)


まずは1個目、ノーマルのデフにアルミジョイント・edit製チタンスクリュー
・HB製セラミックデフボールの仕様です。


始めにデフをバラし、綺麗に掃除しました。


デフリングは研磨してあったので、そのまま使用しました。


それから約1時間掛けて組み、慣らしを2時間程行いました。


組み上がってからデフを動かすと、なんとなく気に入らない・・・


またバラして掃除し、組み直して慣らし。


それを4回くらい繰り返して、最後の一締をして慣らしをしている最中に悲劇が。


「パキッ」という音と共に僕の心もパキッ(笑)


デフスクリューが折れました。


そこでかなり落ち込み、諦めてチタンコートスクリューに変えました。


その後、ようやく納得のいくデフが完成しました。


気付けば日も暮れていたので、1日目が終了。


相当体力使いました。


2日目はプロスペックデフを組みます。


アルミジョイント・チタンコートスクリュー・マッチモア製セラミックデフボール
・マッチモア製セラミックスラストボールの仕様です。


プロスペックデフも、デフリングを研磨してあるのでそのまま使用しました。


これもバラして綺麗に掃除し、約1時間掛けて組み上げ、慣らしは3時間以上掛かりました。


しかし、プロスペックデフは一度でかなり納得のいくデフが完成しました。


その後、組み上げたデフを眺めて満足してました(笑)


スルスルで滑らないデフが2個、完成しました。


あと1個を残してこの日も終了。


3日目はスペアのノーマルデフを作ります。


アルミジョイント・チタンコートスクリュー・HB製セラミックデフボールの仕様です。


このデフリングも研磨済みなので、そのまま使用しました。


これもバラして綺麗に掃除をし、約1時間掛けて組み上げ、慣らしを4時間程行いました。


しかしまた、ここで悲劇・・・


「パキッ」という音が再び鳴りました。


そこで僕はもう再起不能に(笑)


最後の一締で慣らしている時に折れると、本当に心も折れます(笑)


この日は、既に日も暮れていたため終了。


4日目も、デフをバラして掃除から始まりました。


この頃にはさすがにデフ組むの慣れましたね。


昨日にデフスクリューが折れてしまい、スペアがないのでノーマルの
デフスクリューを使用しました。


やはり、組み上げるのに約1時間程掛かりました。


そこから慣らしです。


4時間弱程掛かり、ようやく完成。


デフを組む辛さがわかったような気がします(笑)


でも、重要な部分だけに妥協は出来ないです。


終わったら指がプルプルしてました(笑)


さて、このデフ達の真価を見れる日はいつになるやら?
スポンサーサイト

ボディテスト

しましたb

テストトラックはNGC!

今回のボディはTeam Bomber H・レジェンドの超軽量です

20090529214513



テストカーはHB CYCLONE WCE

モーターはMMT Pride Will

前回同様 5Cell 23Tです

20090529214503


このボディのコーナーバランスはフロント8:リア2で曲がります!

フロントが大きく動いてリアは小さく動きますb

ステアリングレスポンスはめっちゃいい!

初期の入り込みは鋭いですが後半リアの入りがちょっと甘いです

高速コーナーは綺麗にRを描いてくれますb

高速コーナー後半はリアが微妙に流れてクリップに付きやすいです!

ステアリングレスポンスがいいので切り返し等は非常にラクで速い!

ただ後半来ないので連続ヘアピンなどの低速コーナーが続くとちょっとキツイです

ボディでのグリップは横に強くて かつ前に出る感じですb

ストレートも良く伸びるのでいいです!

これもいいボディですb

20090529214522


これはボディの軸です

スランプ

3月初の更新です!

先日3月3日(月)に、全日本選手権一次予選会場になっている
宮城県柴田郡にある ホビーショップ・ぐらんぷり に行ってきました!

当日の天気は問題なく、晴れときどき曇りでした。

気温も高かったので、タイヤチョイスに悩みました(-_-;)

悩んだ末、SOREX 28R に決定しました!
インナーは、AHRP Black Ver.2 を使用したかったのですが、あいにく
新しいタイヤの中だったので断念しました。

そして1パック目・・・

つるっつるです!(笑)
各コーナーで巻き巻きの状態でした。
そこで、昨年末に覚え始めた秘技を!!!

コーナーでやはり巻きそうになるものの、秘技のおかげでコントロールが
楽になりました!

そこから、滑る量を測りつつ、さまざまなドライビングを試しました!
この時点でベストラップが17秒73・アベレージが18秒54と、約1秒落ちです・・・

続く2パック目・・・

タイヤの温め方を変えてみました!
50度から60度に高く設定しました。
しかし、先ほどまではありませんが、横方向のグリップが弱い・・・
前へのグリップも弱い・・・
なぜでしょう・・・
1パック目よりはタイムが上がったのでいいとします。
ベストラップ16秒52・アベレージ17秒32

3パック目もタイヤは60度です!
いざ走行してみると・・・
遅い!!?
なぜか充電したてのバッテリーがパンチもなく、ストレートでの伸びもありません。
ついに昇天してしまいましたm(_ _)m

そろそろモーターも寿命です。
4パック・5パック目も同じセットで走り、じりじりとタイムを上げました!

しかし、5パック目にスパーホルダーのイモネジが緩んでしまい、一時休戦・・・

最終パックには、タイヤを80度(!)で温めタイムアタック。
本日1番のタイムを出しました!
ベストラップ16秒34・アベレージ16秒85

アベレージタイムが、以前から比べると、ベストラップにかなり近くなっていました!!!

走行後、ショップの店員さんに話を聞いたところ、
コースレコードが14秒前半、インナーはAHRP Black Ver.2 らしいですo(__; )o

かなりショックを受けました(T^T)

しかし、その日の路面コンディションは最悪で、何をしても無駄だったそうです。
(ちなみに僕は何もセッティングを変えてません)

それでも速い人たちは、タイムを出すでしょう・・・

誰も来ていませんだしたが・・・

本当に、スランプ状態です・・・

2ヶ月ぶりの走行が、ましてや予選前の走行が、このような結果で終わるのは悔しいです。


もう、来週には一次予選なので、早くこのスランプから抜けなければ・・・

アメリカのアリゾナ州で行われるカクタスの決勝ラウンドと同じ日ですね!

頑張ります!!!


080303_142556_ed.jpg

メンテ

朝からサイクロンのメンテをしていました。
先日の走行で、カーペット路面の毛があちこち残っていたので取り除きました。
そして、アッパーデッキやミドルシャーシなどのビスをすべて緩め、シャーシにストレスが掛からない状態にしました。
ダンパーもロワアームからはずし、スプリングのテンションも緩めました。

そして、モーターをはずし、空回しをした後に計測器で測りました。
1回目が30860回転ち、微妙な結果でした。
モーターのメタルにオイルを挿して再び空回しして、測りました。
すると・・・32880回転回りました!
(写真撮ればよかった・・・)
そこで、写真を取り直すべく、しばらく時間を置いてから計測開始!
31140回転と、1140回転も落ちてました(泣)
あまりモーターに負担を掛けすぎたのかもしれません・・・

今日の福島は一日中雪が降っています。
当然のようにラジコンは出来ませんでした(;_;)
なので、メンテをして、インターネットでいろいろ調べてました。
(すべてラジコン関係です)

天気予報では、3連休ずっとこの天気みたいなので、3日とも、ラジコン雑誌を読みふけます(笑)

パパ様、勉強もしっかりやります!

080110_133234_ed.jpg


080112_150325_ed.jpg

初走行

1月4日は今年の走り始めでした!
ヘリオスにお守り付けました!
今回は福島市にあるインドアサーキット[ラジコンサーキット・ラボ]での走行で
す。

ラボの路面はカーペットで、グリップ剤はコラリーのカーペットジャック、クリ
ーナーはワコーズのみ使用可能です。
今回はシャーシ・サイクロン、ミドルシャーシ・アルミ(センタービス2本抜き)
、ボディ・ライドマーク3、タイヤ・RP30、モーター・グローリー23T(ル
ナチューン)、ギヤ比7.3でトライしました。

まず目を付けたのがサスブロックです。
始めはフロントに2.5゜を入れていました。
ある程度ひっかかるので曲がります。
そこで、飯師匠に0゜がいいとすすめられたので変更しました。
するとひっかかりがないので全く曲がりません(笑)
ストレートからの1コーナー進入するのにもブレーキなので、全コーナーブレー
キ使用しました。

飯師匠が「23Tじゃダメだ」と言うことでGTチューンをレンタルしてくれま
した。

付け替えて走行すると・・・

曲がります!笑
グイグイ曲がりますが、リヤが突っ張る感じでした。

そこで、リヤのねじれを増やすためにミドルシャーシをアルミからカーボンへ変
更しました。

今度はグリグリ曲がります。
アルミから比べると、リヤがしっかりロールしてくれ後半がきれいに入ってきま
す。

そしてタイヤをタミヤAに変更しました。
RP30から比べるとかなりのグリップ感があります。
ですがここで問題が発生しました。
後半グリグリで初期が全然入らないので一気に荷重移動させるしかありません。
するとある程度入りますが、まだ物足りない感じでした。

そこで、師匠にメールをしました。
まずはプロポのステアリング関係の設定です。
師匠の教え通りの設定に合わせましたが、まだフロントに荷重が乗らず、相談し
ました。
フロントのショックオイルを一つ柔らかくとの事でした。

変更しようかと準備を始めたところ、飯師匠や周りの方が「リバウンドを減らせ
」との事だったのでまずはリバウンドを減らしました。

すると初期は入るようになりましたが、今度はコーナーで転がらなくなりました


タイヤが重く感じたのでクリーナーでグリップ剤を拭き取り、何も塗らずにウォ
ーマーで温めました。
すると先程よりは軽くなりましたが、まだグリップが重く感じました。

この時点でのベストラップが9秒1でした。

ここで飯師匠が終わるということで、最初のセットに戻しました。
タイヤを60゜Cで温め、再びタイムアタックを開始しました。
タイヤの温度が高いせいか、コーナーリングスピードが高く感じました。
理想(師匠)のクルマに着実に近付いて来ました。

ですが23Tのパワーを持て余してしまい、各コーナーで転がすことが余計に難
しくなりました。
今回の最終アタックでのベストラップは8秒8でした。

次回ラボへ行く時は、ルナで製作した、ラボ30Tモーターを購入してみようか
と思います。

余談ですが、ラボで23Tで走れる人は少ないそうです(笑)
何をやっても効果が現れにくいとのことです。
師匠なら気にせず完璧に走れたと思います!
憧れます…

セットも徐々に煮詰まって来たので、もう少し詰めます!


080107_215433.jpg


| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。