スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

走行会

今回の走行会は非常に勉強になりました。

今の自分に足りない物がたくさん見えてきました。
それと同時に練習課題が大きく分けて4つ出来ました。

1、スロットルワーク

2、ステアリング操作

3、クリップの取り方

4、メンタル部分

1のスロットルワークは、百烈拳の幅が広いそうです。
なので幅はできるだけ小さく、そして細かく動かせるようにします。
毎日プロポを握り、百烈拳の練習がまず1つ目の課題です。

2のステアリング操作はミニッツ買いますが、これ以上はシークレットで(笑)

3のクリップの取り方もシークレットでお願いします(笑)

4のメンタル部分は、師匠やケンケンさんが迫ってくると、1人で焦ってしまいミスが目立ちました。
集中力も保っている時は大きなミスはしなかったように思いますが、小さなミスがたくさんありました。
集中力が切れた瞬間、大きなミスを連発し、小さなミスもかなりでました。
Rの大きいコーナーで、進入をオーバースピードで入るというミスをしてしまい、左リヤのサスアームを折ってしまいました。
このようなことでは、レースに出ても勝てないと確信しました。

師匠のクルマを使うまでは、自分のクルマは難しいものだと思っていましたが、実際にはものすごく楽だと実感しました。
コーナーリングスピードやスロットルレスポンス、ステアリングレスポンスのどれをとっても自分のクルマは遅く、なによりバラバラです。
師匠のクルマはすべて揃っており、すごく良いクルマでした。

師匠が僕のクルマを使い、僕が師匠のクルマを使って走りましたが、僕は師匠のクルマを扱いきれず余してしまい、師匠は僕のクルマを楽だと言いつつも、師匠のクルマを抜いて行きました。
とことん自分の腕が悪いとわかりました(泣)

次回師匠に会えるのは、4月になりますかね・・・

この走行会で学んだこと、掴んだことはこれから十二分に発揮できるように日々鍛錬します。

師匠!ボディありがとうございました。

071229_160224.jpg

071230_094244.jpg

スポンサーサイト

いよいよ

明日となりました。
浜王親子は今夜出発します。
明日の走行会は 栃木県宇都宮市にある、GP-1サーキットで行われます。
参加者は浜王親子、ケンケンさん親子、宿谷さん、ゲストドライバーの4組です。

一昨日からサイクロンを全バラし、フルメンテと同時に各部少しですがWCE仕様にしました。
タイヤも3セット購入、器材もいろいろ買いました。
明日の準備はばっちりですね(笑)
後は明日の走行ですね・・・
みなさんの邪魔にならないように、ベストな走りをしてきたいと思います!

明日はサイクロンが3台にそれぞれヘリオス・・・
ちょービビります(笑)
といった冗談はさて置き、本気でバトルをしてきます!!

明日参加するメンバーの皆様!
よろしくお願いします。お互いに頑張りましょう!!

では、今夜出発します!!

結果報告は帰宅後更新します。


P.S.

YAKOさん、次回の走行会でバトルしましょう!

KAWAさんの分まで頑張ってきますね!

若葉さん、明日もし来られるのならラジコンも一緒に(笑)

ぷりぷり

今日はぐらんぷり(以降ぷり)に行って来ました!
先々週に行ったばかりでまたかと思う方もしばしば・・・(笑)
今日は朝から雨に降られたので(T_T)
買い物がてら行って来たわけです(笑)
走行会に向けての物を買おうと思い、ボディ、タイヤ、ホイール、スプリングなどを購入検討していましたが、どれも欲しいものが見つからなかったり、予算のオーバーでした(泣)
ボディはARDのX250、タイヤはSOREX36R、ホイールはHPIディッシュ、バネはAHマッチドですが・・・
お財布にお金を入れ忘れてきました(号泣)
なので見物してきました。
松崎選手のボディを写真とりまくりでした(笑)
光速レーシングのステッカーを貼ったイタリア世界戦時使用のボディです!
4月に初めてぷりで松崎選手のボディを見たときは本当に興奮しました(>∀<)b
いつか松崎選手の走行が見れる日を夢見て日々鍛錬していきます!
200712231236000.jpg


200712231235000.jpg


200712231236001.jpg

200712231237000.jpg

決定

ついに決まりましたね!
12月29日でほぼ確定ですね。
僕も確実ではありませんがほぼ間違いなく行きます!
しゅくやさんとコツコツ計画してきたかいがありました(泣)
この走行会は一生の思い出になりますね!
成功させたいものです。
光速メンバーの方にはいろいろとお世話になりますが、よろしくお願いします!
交通安全のお守りが欲しい今日この頃・・・
ヘリオスに付けたいです(笑)
レース決勝でのクラッシュはもうしたくありません(;_;)
今回の走行会最後にはプチレースしたいですね!!!
では、皆さん頑張りましょう!

走行会

宮城県ホビーショップ・ぐらんぷり はボツになりそうですね(泣)
栃木は遠いですし・・・
やはり東北はサーキットが少なすぎます!
関東はたくさんありますね。
そこで提案なのですが、茨城県つくば市の谷田部アリーナなどどうでしょうか?
あそこは松崎選手を始め、ワークスドライバーがたくさん集まっています。
同サーキットで、ワークスの方たちと一緒にはしることにより、自分には無い何か他の絶対的な速さを探してみるのも良いと思います。
ちょうど光速メンバーの中間でもありますし、当日会員登録した場合は当日無料走行+次回無料走行券をもらえます!
さらに、谷田部アリーナは毎年全日本選手権の舞台になっています。
この国内最大級の屋内サーキットは東北人にしてみれば憧れの場所です(笑)
登録料が少し高かったような気がしますが、行って損はないと思います。
松崎選手も絶賛(笑)の場所だそうです!
参考までに谷田部アリーナさんのホームページから料金票をお借りして来ました(笑)
chrge_070306.jpg

光速ステッカー

光速のステッカー届きました!
しゅくやさん、ありがとうございます。
そして昨日はマッチモアのモーターマスタープラチナと同社製MAXエンドベル専用ブラシセッター、HUDY製六角レンチを購入しました!
僕はHPIワークスを目指しているので現在タミヤ一掃作業をしております(笑)
今は東京に単身赴任している父の手元にありますが、走行会までには間に合いそうです。
近いうちにアトラスバッグ、ゼノンモータースタンド、マッチモアモーターメイト、ボディ、セッティングホイール、HUDY製工具、コミュ研、タイヤ・ホイール3セット・・・その他もろもろ購入予定ですがお金が・・・(笑)


話が変わりますが、この冬休みの走行会は徐々にきまりつつあります。
あの松崎選手も予定が合えば来ていただけるそうです(嬉)
以前、僕は松崎選手と一緒に走行することを約束してからまだ半年しか経ってません(笑)
こんなにも早く実現できるとは夢にも思いませんでした!
日にちはまだ決まっておりませんが、会場は宮城県柴田郡の「ホビーショップぐらんぷり」ほぼ決定と思われます。
年内には行いたいとしゅくやさんが言ってました(笑)
ですが、僕は松崎選手の都合に合わせたいと思っています。
しゅくやさん、どうですか?

松崎選手!都合のいい日がわかり次第連絡をお願いいたしますm(_ _)m
一緒に走れることを楽しみにしています!

071218_080745.jpg
071218_080834.jpg
071218_080904.jpg
071218_080816.jpg
071218_080847.jpg

ぐらんぷり その2

先週 EX-1 UR を使用しました。
ヘリオスよりステアリング・スロットルのスプリングが柔らかく、細かい操作が正確かつ楽に行えます。
なによりレスポンスのよさには驚かされました。
さすがウルトラレスポンス・・・
ヘリオスを上回っています。
正直言葉をうしないました(笑)
お店のガラスケースには、今年4月から松崎選手のボディが飾られています。
世界戦で使用したものだと同選手にうかがいました。
冬休みは松崎選手も訪れたこの ぐらんぷり で走行会などやりたいですね!
071209_120456.jpg


200705051624000.jpg

初・ぐらんぷり

今日は宮城県にあるホビーショップ・ぐらんぷりで走行しました!
1パック目はライン取りを完璧にしました。ですが当たると痛い(笑)のであまり攻めませんでした。
スロットル操作ですが、ブレーキをかけると巻いてしまいます。それと同時にコーナーのRが大きいのでブレーキ自体はあまり必要なかったように思います。
なので細かく動かすことにしました。しかし、細かく動かしてもスーッと行ってしまい指の動きに反しているように思いました。
プロポの設定を見てみると、スロットルモードが1wayになってました(汗)なので指に反した動きになっていました。3wayに変更すると・・・指の動き通りにクックックッと前に細かく出るようになりました!
そして2パック目に突入です。ライン取りを完璧にしたのである程度攻めて行きます。だんだんコーナーを攻めていくと、徐々にラップタイムが上がっていきます。すると次のコーナーまでのタイムが速くなるのでミスが少々目立ちました。そして、ミスをする(ラインを外す)とまったくグリップしませんでした。ホームストレートでも巻いてしまう程でした。しかし周りの常連さんとだいたい張り合えるようになりました。
そして3パック目はインテレクトを投入しました。すると、常連さんとまともに走ることができました!やはり置いてかれたりしますが中にはパスすることができました。ですがどうしてもリヤグリップが足りないと感じたのでセッティングに移ろうと思いましたが雨に降られて終了でした(泣)
今回はタイヤもセッティングの先月のレースのままだったのでまったく合っていませんでしたが、常連さんと張り合えたのは良かったと思います。
そしてついに昨日、セルマスターを導入しました!充電完了時のパンチやトルクの太さが他充電器より良いと感じました。
次回走行ではセッティングを煮詰めて行きたいと思います!

071208_094507.jpg

ピット器材紹介

最近充電器・安定化電源を新しくを買いました!

Much-More CELLMASTER platinum

Much-More POWERMASTER World Edition2

まだ使ってません(笑)
もうじき投入予定です!
後は同社製ターンバックルレンチ等も購入しました!
現在、工具類がタミヤ製品なのでHUDY・Much-Moreに変更しています!
ACTIVE製セッティングボードも欲しいと思っています。
お金が・・・(笑)
少しずつ購入していきます!

分析その1

リアショックとスタビの取り付け位置
これは吉岡選手のトライから始まったそうで、目的はサスアームへのショック取り付け位置を半個分外にずらすとともに、スタビも元ショック取り付け位置にマウントし、作動点を外に広げるためだそうです。
これによりサスストロークに対してショックはより大きく動作するようになる。縮むほど腰が出るスプリングの効果をより有効に作用させる狙いらしいです。
スタビのワイド化もまたその効きを強く作用させようとするものだそうです。
超ハイグリップ、ハイスピードなうえ、きついターンを含むレイアウトという特殊なコンディションに対処するための緊急措置だったそうです。
一般的にリアに硬いスプリングを付けるとコケやすいです。
よってショック取り付けを外に移動させた分スプリングを柔くすればハイサイドにも強くなるということでしょう。
今回AHはブラック(ミディアム)のスプリングを仕様そたそうです。
ショック取り付け穴位置の参照寸法ですが、下穴を1mmドリルで慎重に位置を見ながら開けておくそうです。
その後2.6mm本下穴を開けます。
反対側に肉盛りの無いところに開けるから強度に保証ないそうです。
また、サスアームを裏返した事によってダウンストップ調整スクリューも新規に開ける必要があります。

次はEDITチタンショックシャフトです。
素材自体がチタンでそれにコーティングを施してあります。
バネ下重量軽減の究極アイテムです。
バネ下重量が軽くなると路面の追従性がよくなります。
原選手とアンディ選手は後半リアスタビを外したそうですが、その他のメンバーは装備したままで通したそうです。
普通に考えれば付けたほうが安定性があり、コーナーの立ち上がりでとにかく前に出ます。
ワイド取り付けはよりその効果を狙ったらしいです。
よって原選手の仕様の方が特殊となりますが、原選手のセットは全体的に言ってかなりのコーナーリング重視ですね。
進入したスピードを殺さず速いまま抜けるイメージ。
つまりどこにポイントを置くかで装備が分かれたものと思われます。
その反面でかなりコントロールがシビアになるので、普段はあまり使わないデジタルな文明の利器に頼ってそのリスクを減らしたそうです。

バランスウエイト
シャーシの前後に合計45gのウエイトを載せています。
余裕で規定重量をオーバーしていますが、これも重要なコケ対策の一つです。
今回のレイアウトで最も浮きやすいのがインフィールドショートストレートを挟む二つの右コーナーだそうです。
ただでさえ4セル化で軽くなってしまっている右側に、メカも含めて重量物を配置したそうです。

アッカーマン
サーボセイバーとボールスタッドに挟むスペーサーを通常の4mmから0.5mmに変更、アッカーマンを強くしています。
つまり内輪に対して外輪がより切れない仕様です。
コーナーで引っかかりにくくなります。

EDIT M3皿ワッシャー
原選手のお気に入りがこの皿ワッシャーだそうです。
スクリューヘッドより一回り大きく、面圧を掛けてがっちり固定できるところが嬉しいですね。

今回判断を誤った大きなポイントがフロント周りだと聞きました。
本番ことさら上がる路面に対処すべく、ショックを立ててスプリングを硬くする対処を採ったそうです。
普通はこの方向でハイサイド対策になるのですが、今回の路面ではアンダーになる割りに後半でコケるという最悪の症状が出たそうです。
チームメイトの走りを参考にして対策を探るそうです。
高尾・小柳津両選手の車の安定性が目に付き、聞いてみると全く逆のセットだったそうです。
それを参考に内側から2番目の穴までショックを寝かしてHQマッチドスプリングのブラック(ミディアム)に変更したそうです。

リアスタビを外す
昨年の大会で、スタビが無いとコケにくくなるというデータがあったそうで実践したみたいです。
ただ普通に考えると全て外すとふらつきが厳しいはずですが・・・
リアだけを外したそうです。
これも他車を見ての判断したそうです。
最もコケそうなポイントなのにパワーを入れても安定している車は、リアのセットが柔らかかったみたいですね。

グリップ剤
路面は触るとベッタベタ状態。
ランタイムへの影響も考慮してどんどん軽めの処理に変えたそうです。
マッチモアの下地剤と、グリップ剤はFXからマイティグリッパーに変更です。
決勝はマイティグリッパーのみ使用です。
フロントタイヤの塗り幅も7割程度にしたそうです。
最初のボディ項を除き、それ以降のセットは予選二日目に大幅変更した主なものです。

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。