スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

全日本選手権ツーリング・スポーツクラス参戦記

終わりました全日本

1日目

朝のプロポの回収、集合写真、ドラミが行われました。

オフロード同様に公式練習走行から始まります。

練習走行からクルマの調子は良く、特に不具合もなく素直に走りました。

続くコントロールプラクティス。

周りの人が速いです。

この時、インナーはAHRPパープルでしたがグリップが重くてコーナーでの失
速が多くて77位。

1R目は、インナーをヨコモ039Mを使用しました。

新品タイヤということもあり、全くグリップしません。

スタート直後に膨らんで大きく順位を落としました。

後半やっとグリップして来たところで追い上げ開始。

6番ゴールでした。

しかし、ラウンド終了毎に行われる車検で車重が5g不足で失格に。

原因はインナーを変えたことでした。

一番重いインナーから一番軽いインナーに変えたので、当然と言えば当然でした


対策として、モーターにヒートシンクをウエイト代わりに付けました。

それでも車重は1456gとギリギリ。

2R目は、タイヤもグリップしているので問題ありません。

しかし、モーターパワーが強烈で扱えず、結局このヒートも位ゴールでダメでし
た。

この日で暫定100位前後と大変苦戦した上、追い込まれました。


2日目

この日は、モーターチューナーの方が仕事で来れないかも知れないとの連絡があ
り、モーターを変更しました。

2日目も練習走行から始まりました。

モーターを変えた為か、自分には扱いやすくタイムが良くなりました。

このまま予選に挑むことにしました。

3R目は天気の変動により、気温と湿度が激変していた為、路面が氷みたいでク
ラッシュ続出。

クルマを壊したり、走れなかったりでリタイア続出の中、コンスタントに走りき
ってヒートトップゴール

この路面、かなりシビアなクルマのコントロールが要求されました。

しかし、次のヒートのそのヒートは取り消しで仕方々がスタート直後に多重クラ
ッシュ。

ほとんど全車がストレート入口で飛んでました。

そこでJMRCAがレースを中断して一時ディレイ。
12時に再開予定をしていましたが思った以上にコンディションが悪く、さらに
一時間ディレイ宣言されました。

この間、有志によるコースコンディションのチェックがありましたが、ストレー
トでもスピン。

とても走れる状態じゃありませんでした。

それでも谷田部アリーナスタッフ、JMRCA役員の方々の懸命な作業により路
面が回復。

予定通りの13時から予選は再開されました。

仕切直しのヒートも快走。
グリップするため、先程よりもタイムも良くなりました。

そのおかげでこのヒートもトップゴールできました。

最終ラップでの逆転でした。



4R目はスタート抜け出してトップ走行します。

途中、バックマークをパスした直後に突っ込まれ転倒。

1周近く復帰出来ず、かなりのタイムロスをしてしまいました。

それでも追い上げてヒート3位でゴール。

このミスは大変痛いものとなりました。

5R目は、3周くらいバックマークに引っ掛かってしまい、これまたタイムロス


無理矢理ラインをこじ開けてパスし、追い上げてヒート3位でゴール。

このラウンドも大きな痛手となってしまいました。

この時点で暫定75前後と前日よりは良くなりましたが、すでに上位は狙えず。

ワンミスで終わる厳しさを改めて、身を持って痛感しました。

3日目

2日目が終わった時点で、セッティングをがらっと変えました。

昨日の時点でTQを決めた荻野選手と同じセットです。

練習走行ではクルマのフィーリング確認のつもりでしたが、問題なさそうだった
ので攻め込みました。

特に大きな変化もなく、自分の好みに近いクルマです。

6R目が最終ラウンドです。

これで最終予選結果が決まります。

このヒートはトップ争いで盛り上がっていましたが、最終ラップでラインがちょ
っとはずれてしまいました。

結果はヒート2位でゴール。

つい熱くなってしまう悪い癖が出てしまいました。

トップとの差コンマ4秒だったので、すごく悔しいです。

結局総合67位で予選終了しました。

決勝

7番手スタートです。

スタート直後にミス。

埃を拾ってしまい一気にグリップを失い、さらに弾き飛ばされてしまい最後尾に


そこから猛追して1コーナー手前で前のクルマを抜いた直後に、あてられてスピ
ンして最後尾に逆戻り。

カツカツになって猛チャージします。

ストレートエンドで前のクルマに被せてパス。

そのあともどんどん前走車のインを刺してパスしていき5位に浮上。

そして最終コーナーでギャラリーを沸かせました。

クルマがギリギリ1台入るかどうかのラインで鮮やかなパス(だったそうです)

その後も3位のクルマとの差をどんどん詰めましたが、タイムアップ。

決勝ラウンドは4位でゴールでした。

総合64位でした。

ダメダメです。

レース終了後は、悔しくて泣いてました。

自分のミスでつまらない結果になったので、本当に悔しく、情けなかったです。

スポンサーサイト

全日本選手権オフロード参戦記

はい。。。

とっても遅い全日本の記事です。

090731_060950_ed.jpg


今回は2WDクラス総勢112人でした。

東北から参加の選手は浜王1人でしたね。。。


練習日からは調子も良く、タイムもある程度(といっても中の中)出ていました。

一年ぶりの谷田部アリーナということもあり、ワークス勢の多さにも最初は

戸惑いましたが、後半は慣れました(笑)


一日目

写真撮影とドライバーズミーティング

e0166663_912592_convert_20091111131242.jpg

それから練習走行に移ります。

初めてで右も左もわからないまま始まっていました(・・・いました?)

そうです。

出走順が分からずに残り30秒でコース入り。

1周だけして終了でした。。。

コントロールプラクティスでは同じ事を繰り返さないように自分の2ヒート前には

コース脇へ行くようにしました。

おかげで今回はしっかりと走れました(ホッ)

コントロールプラクティスが始まりました。

僕は例のあの(キモッといわれる)人と同一ヒートだったので、少しは落ち着いて

望むことができました。

この時は81位と、すでに下のほうに。。。


タイムは5分10秒895

ラップは11週

ベストが23秒427


ミスも多くマーシャルのお世話になることが多々あり、悲惨でした。。。

それから予選があります。

予選が全3ラウンド中ベスト2ラウンドで決まります。

が、しかし・・・


予選1・2ラウンドでバッテリーのハンダがとれてリタイア・・・

この時点で暫定ビリ

終了です。。。

3ラウンド目では完走し、予選結果総合101位に。。。

決勝はKメインTQスタートです。

決勝では初めから守りの走りになってしまい、最悪でした。

そのせいでミスが目立ち、気付けばビリに。

それではいけないと立ち直り、攻めの走りに戻りました。

先行車をどんどんパスしていき、2位に。

しかし当然のように後続車も追い上げてきます。

2位争いが熾烈になった最終ラップ1周前

ラインが膨らんでしまい3位へ後退してしまいます。。。

それでも付いて行き、バトルは最終ラップへ。

ビッグエア入り口で2位のクルマのラインが1台分膨らんだので、すかさずインへ

自分のクルマを滑り込ませます。

が、それが運の尽きでした。

2位のクルマが抜かれまいとジャンプを斜めに飛び、先行した浜王のクルマへ

空中でヒットしました。

その間に4位のクルマは一気に2位へ浮上。

2位のクルマは3位に。

浜王のクルマは空中でのクラッシュで左フロントのサスアームを破損。

気合と根性で曲がらなくなったクルマを曲げ、ゴールラインを通過させました。

メイン4位、総合104位という結果に終わりました。

コントロールプラクティスの結果と決勝の結果を照らすと、予選次第では

D~Eメインには残れたと思いますが、そんなに上手くいくはずもなく(泣)

レースになると、自分の本当の力量が全くでないので、こればかりは

”慣れ”なんですかね。。。?

と、このような全日本でした。

091106_080355_ed.jpg


ゼッケンだけを見たら、最高にかっこいいんですけどね(爆)

Aメインはなんと言っても松倉選手と秋元選手のトップ争い!

あれは見てて涙モノでした。

レースの中の熱いドラマを見れた、最高に長かった5分間でした。

最終ラップでの秋元選手の逆転優勝・・・

あれには感動のあまり泣きました。

松倉選手も最後まで諦めない走りは憧れました。

とても刺激のあった大会でした。


優勝 Team KYOSHO 秋元 宏太 選手

2位 Team YOKOMO 松倉 直人 選手

3位 Team YOKOMO 松崎 隼人 選手


090802_164729_ed.jpg



おめでとうございます。

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。