スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

レイアウト変更

谷田部アリーナのオフロードコースのレイアウト変更がようやく終わったようです。


高速コーナーが多く、一見簡単そうですが、そういったレイアウトは攻め方ひとつでタイムに大きく絡んできます。


ミスした時の破損リスクも高くなりますね。


何はともあれ、とても面白そうなレイアウトなのは間違いないです。
スポンサーサイト

JMRCA2010全日本選手権ツーリングカースポーツクラス 最終結果

1 祖父江 旭生(中京)

2 千葉 仁(関東)

3 大嶋 慶太(甲信)

4 土岐 森(関東)

5 斎藤 和哉(中京)

6 徳野 博史(関東)

7 笠原 直樹(関東)

8 難波 省轄(関東)

9 石山 知之(関東)

10 若林 利也(関東)

123.jpg

参加された選手の皆様、お疲れ様でした。

A-Main Rd.3

1 千葉 仁(関東)

2 土岐 森(関東)

3 徳野 博史(関東)

4 笠原 直樹(関東)

5 石山 知之(関東)

6 難波 省轄(関東)

7 大嶋 慶太(甲信)

8 若林 利也(関東)

9 斎藤 和哉(中京)

10 祖父江 旭生(中京)


土岐選手、惜しくも2位ゴールで表彰台を逃してしまいましたが
ガッツのある走りだったのではないでしょうか。


もうじき最終結果が発表されると思います。

A-Main Rd.2

祖父江 旭生(中京)

大嶋 慶太(甲信)

斎藤 和哉(中京)

土岐 森(関東)

徳野 博史(関東)

石山 知之(関東)

若林 利也(関東)

難波 省轄(関東)

笠原 直樹(関東)

千葉 仁(関東)


最終Rd.を待たずして祖父江選手が優勝を決めました。


おめでとうございます。


土岐選手は4位でゴールしたようです。


まだ表彰台の可能性もあるので最終Rd.に期待です。

A-Main Rd.1

祖父江 旭生(中京)

千葉 仁(関東)

斎藤 和哉(中京)

大嶋 慶太(甲信)

難波 省轄(関東)

笠原 直樹(関東)

石山 知之(関東)

若林 利也(関東)

土岐 森(関東)

徳野 博史(関東)


祖父江選手が王手をかけました。


しかし何が起こるかわからないのがレースです。


次Rd.は誰がトップでチェッカーを受けるのでしょうか?

予選終了

A-Main ファイナリスト

1 祖父江 旭生(中京)

2 千葉 仁(関東)

3 大嶋 慶太(甲信)

4 斎藤 和哉(中京)

5 土岐 森(関東)

6 石山 知之(関東)

7 難波 省轄(関東)

8 笠原 直樹(関東)

9 徳野 博史(関東)

10 若林 利也(関東)


jmrca.jpg

TQ賞は祖父江選手でした。

予選全Rdトップゴールした模様。

昨年度の荻野選手を思い出します。

そして土岐選手もAメイン5番手と、まだまだ優勝の可能性があります。

三冬選手は8番手からの準優勝でした。

土岐 森選手、期待です。

予選2日目終了

予選2日目が終わりました。


TOP10

1 祖父江 旭生(中京)

2 千葉 仁(関東)

3 大嶋 慶太(甲信)

4 斎藤 和哉(中京)

5 土岐 森(関東)

6 石山 知之(関東)

7 徳野 博史(関東)

8 笠原 直樹(関東)

9 若林 利也(関東)

10 難波 省轄(関東)


土岐選手、頑張っていますね。


この調子で明日の最終ラウンドも快走してAメイン入りして
ほしいと思います。


参加者の皆様、明日のラスト1ラウンドに全てを掛けて
少しでも良い結果が残せるよう頑張ってください。

予選1日目終了

ツーリングのスポーツクラスの予選1日目が終了しました。


現在のTOP10


1 祖父江 旭生(中京)

2 千葉 仁(関東)

3 斎藤 和哉(中京)

4 土岐 森(関東)

5 大嶋 慶太(甲信)

6 徳野 博史(関東)

7 笠原 直樹(関東)

8 秋山 浩之(関東)

9 若林 利也(関東)

10 大島 智行(関東)


予選4番手の土岐選手は、昨年度のスポーツクラスで準優勝した
"土岐 三冬"選手の弟さんです。


私も参加した昨年度、土岐選手とは決勝は同一メインでしたが、
今年はトップ勢に加わり優勝争いの一角に食い込んでいる模様です。


同じメインでバトルをした者として、応援しないわけにはいきません。


土岐選手には、お姉ちゃんの様に最後まで優勝争いをして是非とも
表彰台の真ん中に立ってもらいたいと思います。


残念ながら、今年は東北の選手が誰もいない、"例年通り"の全日本に
なっているようですね。


東北選手の参加率の低さは、全国一かも知れないですね。


来年度は頑張って参加できればいいなと思っていますが、仕事が
不規則なのでなんとも言えないのが現状です。


たくさんの方に全日本の参加を問われ、会えることを楽しみにして
いただいていましたが、今年度は残念ながら不参加でした。


僕自身も、皆さんに会えないのは残念でした。


でもそれは仕方ないこと。。。


気を取り直して、明日の予選2日目も目が離せないでしょう。

いよいよ

明日からJMRCA全日本選手権ツーリングカースポーツクラスが始まります。


今年はお家でお留守番です(笑)


私の予感ですが、今年はいろいろと荒れそうなので(いろんな意味で)結果が楽しみです。


参加選手の皆様、頑張ってください。

IFMAR 1/12th



A-Main Rd.1




A-Main Rd.2




A-Main Rd.3

IFMAR2010 ISTC




A-Main Rd.1





A-Main Rd.2





A-Main Rd.3

IFMAR オンロード世界選手権

今更ですが、世界戦も終わり全日本シーズンの到来ですね。


1/12レーシングでは、彼が再びやってくれました。


松倉直人選手、2度目のワールドチャンピオンです。

ifmar_2010worlds_12_top3.jpg



e0009170_7573473.jpg


さすが。


その一言に尽きません。


ISTCはマーク・ライナート選手。


彼は3度目、2大会連続ワールドチャンピオンです。


彼には、さすが。タミヤ強し。


といった感じです。


松崎隼人選手、彼は世界戦へ経つ前にアジアカップ・フタサンカップといったビッグレースを優勝しています。


予選は10位となってしまったようですが、結果は準優勝。


21465639.jpg



松崎選手の底力を見せていただいたような気がします。


追い込まれた時の精神力の強さ、クルマをコントロールする技術は非凡なものです。


今年の全日本は、是非タイトル獲得出来ることを、一ファンとして願って応援しています。


その他日本人選手の皆様、暑いなかお疲れ様でした。

見つけた!

以前、某ブログにて見つけた動画です。


しかし、ブログが新しくなってからというもの、見れなくなっていました。


今日、久々に覗いてみるとあるではないですか。


アップします。


原信者にとって、感動の領域です。



決定

レギュレーションが発表されてめましたね。


ブラシレス17.5RにLi-po 2Cellのようです。


現在の手持ちにそれらがないので、検討の結果、参加しないことに決定しました。


ムリに購入して参加しても、いい結果は得られないと判断したからです。


すこしづつ揃えて、次回のために準備して、万全の体制にしていこうと思います。


参加される方、東北のためにも頑張ってください。

RC Magazine 天下統一

ご無沙汰しています。


いきなりですが、8月1日にTamTam仙台店にて天下統一が行われるそうです。


敵武将はTeam YOKOMOの山内選手。


現在参加予定です。


詳しいレギュの発表待ちです。


クルマはCYCLONEを予定しています。


理由は使い慣れているということです。


使い慣れている分、クルマの動きが手に取るようわかるのが最大の恩恵です。


なので2台ともダンパー以外メンテして、Tカーにもメカを載せました。


プロポも使い慣れているヘリオスを予定していますが、一応スペアでURも持って行きます。


タイヤが悩みどころになりそうですね。

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。