スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

NSX2005

以前にも紹介しましたが、僕のボディは原さんカラーでした。


そのなかでも、このボディだけは特別です。


そんなNSX2005を紹介します。


フロント






サイド






なかなか使えなかったボディですが、かなり好きです。


だって・・・


闘争心剥き出しなんです(笑)


自分カラーのボディも闘争心剥き出しなのは、松崎選手の影響もありますが、このNSXの影響もあります。


こやつはTA-05にしか載せてませんが、これからも変わりないです。


週末にはシャーシのメンテをしたいですね。
スポンサーサイト

ハイシールグリス

昨日に続き、X-GEARさんの気になる新製品を紹介します。


その名も「ハイシールグリス」






パッキン部の密封性を向上させるだけでなく、Oリング部にも塗るとオイル漏れを抑えると同時に最高のギヤデフに仕上がるという優れもの!!


だそうです。


さらに、ジョイントにもたっぷり塗ると良いようです。


良いギヤデフが作ってみたいので、とても気になるケミカルです。


こちらも購入決定です。


フレックスデフオイル、ハイシールグリスのペアは強そうです。

フレックスデフオイル

いよいよX-GEARさんよりヨコモさんと共同開発のデフオイルが発売されました。


それがこちら。






従来のシリコンオイルだと100%充填させないと安定感に欠けるようですが、このフレックスデフオイルは50%でも安定感抜群らしいです。


種類は今のところ4種類のようで、今後は増えていくのではないでしょうか?


価格は882円と安値なので全種類購入決定ですね(笑)


これは楽しみです。

STOCK SPEC

個人的に首を長くして待っていた、待望のESCがいよいよ発売されました。


その名もNOSRAM PEARL Evolution STOCK SPEC Ver.2






ストック用に開発されたプログラムを搭載したフラッグシップモデルです。


ブースト機能とフィーリングの設定が個別に出来るようなので、かなり楽しみなESCです。


早く市場に出回るのを待つばかりです。

10000HIT!!

お陰様で、当ブログもアクセスカウンターを設置してから10000HITを超えました。


これからもどんどん更新していきますので、今後も飽きずにご覧戴ければ幸いです。


ありがとうございます!



ギヤデフ

前回はギヤデフのお話しをしました。


今回もギヤデフについてお話ししたいと思います。


ギヤデフの中には当然オイルを入れます。


それは非常に楽な反面、僕には余計に頭を悩まず原因でもあります。


それは封入するオイルの硬度でも変わります。


どのような時に硬度を変えるのか。


また、硬くするのか軟らかくするのかもわからないからです。


さらには新しく鉱物系のオイルも開発されているようです。


ボールデフが恋しくなります(泣)

BD5WR その5

今回はギヤデフについてお話ししたいと思います。


ギヤデフはBD5にスイッチしてから初めて使用しました。


使ってみた感想は「スルスルだけどトラクションの抜けが無い」感じです。


メンテナンスも楽で、良いアイテムだと思います。


ただ、トラクションは良いのですが、たまにすっぽ抜けることがあります。


それを抑えるのがオイルの役目なのかな?とは感じましたがわかりません…


メーカーさんや上手い人達に直接聞いた方が間違いないですね。

Atsushi Hara その2

こちらはTITC2010の時です。





この速さは異常です。。。


以前、原さんのコーナーリングスピードの高さについて聞いたことがあるのですが真似するにもしきれません(笑)


非常に難しいです。


出来たら間違いなく速くなれると思います。


日々鍛練。。。

Atsushi Hara

久々に原さんの動画を見ました。


IICの練習でしょうか?


と言っても昨年のですが。。。





速い上手いかっこいい。

それ以上なね言葉は出ません(笑)

Experimental Team Car

実は2年前にあるものを購入していました。






その名もBD5 Experimental Team Car


BD5、300台限定モデルです。


なかなかパーツが手に入らず、ずっと眠っていました。


そんな中、BD5WSにモデルチェンジしてしまい、尚更お眠り状態が続いていました。


結局、起こすことなくBD5WRを使用することになりました。


しかし、せっかくあるので近々組もうと思います。


そのまま組むかWSにコンバージョンするか悩んでいますが、そのままの線が濃厚です。


こちらも楽しみですね。

JMRCA

東北支部の全日本一次予選会場が決まりません。。。


このままでは参加できなくなりそうです。


一体どうしたのでしょうか?


今年こそは参加したかったのですが、予選がないことにはどうしようもありません。


関東へ行くにも近くて谷田部ですが、日程を合わせられるかと言ったら難しいです。


でも、どうしても参加したいのでギリギリまで踏ん張ります。

TA-05

懐かしい画像を発見しました。






原さんカラーのNSX2005を纏った初期型TA-05です。


ちょうど2年前の今頃、ぐらんぷりのタミチャレで優勝して以来飾ってありました。


写真はその時のものです。


最近では埃を被っているので、また近々掃除しながらメンテしてあげようと思います。


僕を大きく成長させてくれたクルマでした。


これからも大切にしていきます。

配線

やっと配線直しました。






外側より






内側より


バッテリーのコードはアッパーデッキの上を通しました。


下は厳しかったです。。。


なんか微妙です。。。

ヨコモグランプリ

A HAPPY NEW YEAR!レース以来レースをしておらず、ラボ以来サーキットへ行っていません。。。


来月2月27日にヨコモグランプリが開催されるようです。


クルマもBD5WRへなったので参加しようと思いましたが、肝心なことを忘れていました。


アンプがない(汗)


僕が使っているアンプはKOなので、使用出来なかったと記憶しています。


ノスラムにしようかどうしようか・・・


どちらにしても出費がかさみますね。

16M PV

YouTube見てたら見つけましたー。





カッコイイですね!


これだけ滑らせられると面白いですね。


自分の16Mにとりあえず感じたのはパワー不足と足の悪さです。


パワーが無いので飛距離やきっかけ作りが大変ですが、今のところは大丈夫です。


下手くそなので(笑)

レギュレーション

今年のタミグラ・タミチャレのレギュレーションが決まったようです。


ツーリングも何も出来ないですね。。。


新たにTA-05 Ver.2Rの購入を予定していましたが、考え直そうかと思ってしまいます。


ブラシレスやリフェを買うとなるとかなりの投資が必要なので、大変です。。。


MシャーシはM-03は使用出来ないようなので、完全にアウト。


今年からタミヤレース復活を予定していましたが、あえなく撃沈しました。


残念ですね。


個人的に凹みました(笑)


予算と要相談です。。。

配線

配線を直すと言ってから早くも数日が過ぎました。


未だにやってません(汗)


やる気はあるのですが美しさに欠けてしまうのです。


理想のレイアウト、配線のラインはこれ。






昨年のフタサンカップで優勝した時の松崎選手のBD5。


かっこよくも美しくもある松崎選手のクルマ。


ちょっと試行錯誤してこのように出来ないか試してみたいと思います。


何事もチャレンジですね(?)

やってみたいこと

それがこちら。






一度でいいからやってみたいですね(笑)

BD5WR その4

今回はセッティング編です。


セッティング編は一言で終わります(笑)


山内選手のスポーツクラス向けのセッティングです。






以上です。爆


このセットは非常に走らせやすいのか?と聞かれれば解答が難しいです。


僕にとっては難しいセットだと思います。


走らせることは簡単ですが、タイムを出すのは難しいといったところです。


スウィートポイントが狭いですが、決まれば速いのがこのセットの特徴かと思っています。


いや、ただ単に僕の手がいけないんですかね?。。。


このセットを基本に自分の好みに持って行くのもアリだと思います。


僕は当分このままで行きます。


セッティング編をお送りしましたが、次回は未定です。


BD5ネタは、また何かあれば更新しようと思いますので気長にお待ち下さい。

BD5WR その3

今日はパワーソース編です。


とは言っても紹介するものがほとんどないので期待はしないでください(笑)


まずはモーター。


現在のレギュレーションに合わせてブラシレスモーターにしました。






yokomoのZERO R17.5Tです。


このモーターは非常にピーキーですがピックアップが良く、ブラシレスでもトルクがあります。


ストレートの伸びも抜群で、個人的にはかなりオススメです。


続いてバッテリーです。


こちらも最新レギュレーションに基づいてLi-Poにしました。






僕が使っているのはyokomoの6000mAh TEAM SPECです。


このバッテリーもパンチがあって良いです。


何より5分間程度の走行ではほとんどタレがないです。


これにより安定したラップを刻むことが可能です。


現代のものはすごいですね(笑)


5Cell+23Tでは勝負するのが難しいのがわかりました。


昨年のシルバーでLi-Po+13.5Tと同じく走ったのはたまたまだったと思うくらいすごかったです。


これらのパワーをしっかり使い切るための走り方をマスターしなければいけませんね。


次回はいよいよラスト?


セッティング編をお送りします!

BD5WR その2

今回はメカ編です。


まずは全体像から。






配線ぐちゃぐちゃですね(汗)


近々直したいと思います。。。


これから使用しているものを紹介したいと思います。


まずはプロポからですね。






以前から使用しているKOPROPOの最新モデル・EX-10 EURUSです。


瞬間的なレスポンスはHELIOS以上UR未満といった感じです。


後半のレスポンスはどちらにもないリニアさが抜群です。


とても使いやすくて良いですね。


続いて受信機です。






D.D.S対応のKOPROPO製KR-409Sです。


写真見づらくてすいません。


受信機は良くわかりません(笑)


お次はサーボです。






サーボもKOPROPOの最新モデル・RSx-Response H.Cです。


このサーボはスピードが0.06sec・トルクが17.6kgという最強のスペックです。


しかし実際に使ってみると、驚くのは速さよりリニアなのがわかります。


しっかりと手に着いて来る動きをしてくれるので、クルマとの一体感がより強くなりました。


センターの保持力も高いのでストレートも走りやすくなりました。


これはかなりのスグレモノです。


最後にESCです。






KOPROPOのESC、VFS-1BMC Ver.1です。


写真見づらくてすいません。。。


こちらも近々オーバーホールしながらVer.1.5にバージョンアップします。


現在の状態は、ESCで設定出来る項目のパワフルになっています。


この設定にしたことで、クルマが前に進もうとする力が強くなりました。


パンチというよりはトルクが太くなった感じがします。


ESC自体も指に追従してくれるので、細かい操作も非情に楽です。


個人的にはKOPROPOは信頼性が高いので、ずっと愛用しています。


今回はメカ編をお送りしました。


次回はパワーソース編です!

BD5WR その1

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、実は先日より長年愛用したCYCLONEからBD5へスイッチしました。


そこで(?)僕のBD5を紹介したいと思います。


まずは全体像。






外見は普通のBD5WSですが、ぱっと見わかるオプションからいきます。


Team Bomber製ローフリクションベルト


yokomo製B-MAX4用ロッドエンド(ホワイト)


yokomo製ハイトラクションシャーシ


これくらいです。


しかし僕が購入したのはWSではなく、限定のWRなのでハイトラクションシャーシは標準になります。


次にフロントです。






こちらもオプション(WR標準)のソリッドアクスルです。


カーボンのバンパーサポートが付いてる程度です。


諸事情によりビスが左右で違います(触れないでください笑)

あとはアルミスタビホルダーを装着しています。


フロントのユニバーサルは鉄製ですが、オプションのアルミ製も持っているので、近いうちに交換したいです。


次はリア






デフは流行りのギヤデフをつけています。


なかなか面白い動きをしてくれます。


フロント同様にアルミスタビホルダーをつけています。


リアのユニバーサルも鉄製です。


こちらもオプションのアルミ製は持っているので、同じく交換したいと思います。


ここまで紹介しましたが、オプションはほとんど入っていないキット標準に近いです。


とても素直なクルマです。


あとは早くBD5WRに馴れるようにしたいですね。


今回はここまでです。


次回はメカ編です。

2011年カラー

2009年からお世話になっているMagical Paint Worksの新作?です。





BLADE製 Mk.4 LW





BLADE製 LX-350 LW


デザインを初期状態へ戻し、若干のモディファイを加えた感じです。


色はピンク・ブルーは変わらずパープルがスカイブルーに変わりました。


当面はこのままで行くつもりですので、見かけた方はよろしくお願いします。

ラボ

今日は午後から福島市にあるラジコンサーキット・ラボへお邪魔して来ました。





走った感想は、楽しいですが難しいといったところです。


今日のピット。





グリップは高いですが、どうしても巻いてしまいます。。。


フロントが引っ掛かる感じで、先日のレースから症状は改善されていません。


マッピーさん達の後ろに着いて走ってみますが、くるくる回って置いていかれます。


ノーブーストとブーストの差?


いや、そればかりではなく腕の差が原因だと思います。


なかなか言うことを聞いてくれないクルマです。。。


一度、全バラして各所チェックが必要ですね。


そしてサーボホーン。


現在はヨコモ純正のダイレクトホーンを使用していますが、トリムは変わらずサーボホーンだけズレるという症状が度々見受けられました。


なぜでしょうか・・・


金属製があれば交換したいです。


そして全日本以来にタイヤを組みました。





グリップは良かったですが、タイヤサンダーを軽く当てただけなので食いつきが甘かったです。


もう少し表面を削ったほうが良さそうですね。


今回はSOREX 24Rを組みましたが、個人的には28Rでも良いかも知れないですね。


今日も今日で課題が見付かったので着々と熟して行きたいと思います。


今年は例年以上にサーキットへ足を運ぶことになるかと思いますので、お会いしたらよろしくお願いいたします。

始動

先日の福袋でゲットした16Mにメカを載せました。





アンプ・サーボはランニングセットの物を使用しましたが、受信機はKOのKR-408Sを使用しています。


HELIOSやURでやるためです。


ボディはRE雨宮RX-7。





やっぱりカッコイイです(笑)


早速ドリフトやりましたが何か変な動きが。。。


あちこち見たら左フロントがサスの動きをしていません。


ダンパーエンドのガタが大きいので左フロントだけ常に沈んだ状態になっています。


アルミダンパー買おうかな・・・


ただ単にダンパーエンドを買えば済む話ですね(笑)


やっぱりアルミがカッコイイかなと思います。


ちょっと考えます。

パニッシャー

最近フォワードキャビンのボディが流行ってますね。


そんな中、僕の気になるフォワードキャビンはこちら。









J Conceptsのパニッシャー。


外見はどこと無くハイ・フローに似ていますが、フィーリングはどうなのでしょうか?


ぜひ使ってみたいボディのひとつですね。
2011/01/06(木)
B4 トラバ(0) コメント:(0)

しょぼーん

ハッピーニューイヤーレースの簡単な詳細?です。(言葉おかしいです)


写真はありません(汗)


ピットなら・・・





始めに鈴木所長から新年のご挨拶をいただき、ドライバーズミーティングが始まりました。


それから予選が始まるまでフリー走行でした。


まず、朝一発目からなぜかクルマが巻きます。。。


様々な原因を考えて対処しましたが治りませんでした。


予選一回目


巻き巻きです。。。


まともに走らせられず4位。


巻く原因がどうしてもわからず、タイヤの処理の仕方を聞きに行きました。


そしたら処理の仕方が悪いと判明し、練習走行で試しました。

しかしながら走行始めめからダメで、後半は少し良くなったかな?程度でした。

結局そのまま次の予選を迎えることに。


ほぼ絶望的で、やけくそです(笑)


予選二回目


少しはまともになりましたが、巻き巻きは変わらず。。。


手で騙し騙しなんとかしながら走行します。


とにかくミスしないようにラインだけをきっちりトレースすることに集中しました。


それが良かったのか、2位でゴールできました。


巻く原因を再び探しますが、相変わらずの状態です。


ダンパーをメンテしましたがそれでも治りませんでした。


決勝までも色々と考えましたが、結果は出せず仕舞いでした。


お手上げです。。。


決勝


3番手でスタートです。


スタート直後、前のクルマがアウトに膨らんだのでインを刺しますが、怪しい動きをしていたので引いてしましました。


ここで負けましたorz

その後は三つ巴で接近戦をしていましたが、ラスト3周の時にまさかのハーフスピン。。。


大きく離されました。


しかし次のラップでトップ2台が絡みましたが、前の周でのスピンが痛く届きませんでした。


で、そのままゴールしました。


勝てるレースを落としてしまい、一気に気力も落ちました(笑)

レース終了後、何事も無かったように走り出したクルマ。


最初から走ってくれたらTQtoWIN出来るラップでどんどん周回していました。


最終的にわかったのがタイヤの処理の仕方が全ての始まりでした。


それに加えてステアリングのラフさが絡んで来ていました。


それを教えて頂いたのは表彰式でした。


ちょっと遅かったですね(笑)


今回は3位という結果に終わりましたが、今年は積極的にレースへ参加して上位を目指していこうと思います。


今年も浜王の応援をよろしくお願いします!


会場で応援して下さった方々、ありがとうございました。


今後とも、よろしくお願いいたします。



谷田部アリーナ福袋

昨日のA HAPPY NEW YEAR!レースへ行った際、興味本意で購入した福袋です。






中にはBーMAX4FTやR12などのキットもあったようです。


そんな僕が当たったのはこれ。




16M 雨宮M7




16M専用ランニングセット




YTBシャツ


これでドリフトやります(・ω・`)


ボディはお気に入りですね!笑

A HAPPY NEW YEAR!レース

先程帰ってきました。


明日は仕事なので、単純に結果のみ書きます。


予選3位、決勝3位、総合3位でした。


スタートで勝てるレースを落としてしまいました。


詳細はまた後日に更新します。

これから


明日のA HAPPY NEW YEAR!レースに向けて、谷田部へ出発します。

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。