スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

イーズホビー

今日はイーズホビーへ行ってきました。


今回も松崎選手と一緒に練習してきました。


昨日とはまたちがい、ガンガン攻められました。


しかしクルマはドアンダー。


いつも同じタイムしか出ません。


そこでキャンバーを1度に変更して再度アタックします。


すると10秒380と、0.4秒縮まりました。


これからどんどん詰めようと頑張るも、なかなかタイムを更新出来ませんでした。


松崎選手にやってもらうと、「何これ?」と言われました。


走らないにも程があると。。。


松崎選手のクルマをやらせてもらうと、「なんでこんなに曲がるの?」状態。


フラフラしながら走っても自分のクルマのタイムをあっさり更新。。。


そこで、松崎選手にセットを変えていただきました。


アライメントの見直し、リアのスタビライザーを1.3mmから1.1mmへ変更しました。


加えてフロントのアッパーアーム下に2.5mm、リアのアッパーアーム下に2mm追加しました。


また、リアのスプリングをピンクからブルーへ変えて再びコースインします。


すると今度は10秒370が普通に出るようになりました。


遅くても10秒450くらいで安定していました。


LTC-Rを廃車にしてしまったので、スピード6でアタックしますが、コーナリングスピードがLTC-Rより遅くてこれ以上は難しかったです。


その後、フロントのスプリングもブルーに変えて再びアタックしました。


え…10秒190出てます。


LTC-Rを廃車にしてかなり凹みました。


フロントもブルーへ変えたことにより、更にコーナリングスピードが速くなりました。

ステアリングのいらないクルマに大変身です。


理想のクルマに大幅に近づいた日でした。


タイムも松崎選手から0.4秒落ちまで縮まりました。


でも勝てないですね(笑)


一度だけまぐれで0.1秒速いときがありましたが、それっきりご無沙汰でした。


今日は昨日の不満が分かった気がしたので、それが晴れました。


私は今まで迷ったら松崎選手を頼っていましたが、それももう出来なくなります。


松崎選手は間もなくアメリカへ移住してしまうので、日本へいる時間がほとんど無くなります。


これからは松崎選手から学んだことをフルに活かして頑張って行こうと思います。


とても充実した一日でした。
スポンサーサイト

ダウン

今日も谷田部に行って来ました。


とは言っても前回とは打って変わり絶不調。


クルマもタイムも悪くはないのですが、どこか不満が残った一日でした。


この日は松倉、山内選手もいて、参考になる走りがたくさん見れました。


同じラインを通しても若干ずつ離される始末。


根本的に全てが違うようでした。


気持ちを入れ替えるべく、オフロードをやりましたが、こちらも遅くはないけど不満が残りました。


何度か途中で帰ろうと思うほど走れませんでした。


タイムもクルマも悪くないのに不満があるのは何なんでしょうか。。。


ちょっとハマりそうでした。


それでも最後までがっつり走り込んできました。


ストック、モディファイを交互にやり、ラインを試したりと、出来る事はやりました。


ストックに関しては、フロントの引っかかりが気になるのでキャンバーを2度から2.5度に変えました。


引っかかりは無くなりましたが、横方向へのグリップが強くなりすぎて前へのグリップが少なく感じ、立ち上がりも若干遅くなりました。


こちらもセットを見直す必要がありそうです。


明日はイーズホビーへ行って、ちょっとでも調子を戻せれば良いなと思います。

レベルアップ

今日は谷田部アリーナに行ってました。


オフロードはESCがまだ返って来ないのでツーリングをやりました。






今日からBD5を2台体制です。






また、私自身初のツーリングの新ジャンルのモディファイをやりました。


モーターはノスラム社の4.5Rです。


まず1パック目、1周してCハブを折り終了しました(笑)


すぐに直して、今度はストックをやりました。


いつもと変わらず、巻き気味なクルマでした。


5分我慢して走りピットへもどり、ギヤデフをメンテしました。


オイルをDOT2からDOT3へ変更はした事により、リアのトラクションが増してコーナーでスムーズになるのが狙いです。


そこでモディファイの時間になったので、再びコースイン。


スピードは1パック目( 1周)で感じを掴んでいたので、オープニングラップはインフィールドを探りながらストレートは全開でした。


数周してモディファイの感じを掴めたので、それからはインフィールドも全開で攻めます。


このパックでは周りのクルマより遅く、ついて行くのがやっとでした。


コーナーで急激な挙動が落ち着かないので、次のパックに備え、タイヤを新品にしました。


また、キャンバーを2度から4度に変更し、ボディのウイングに翼端板を付けました。


これはグリップアップ、コーナーでの動き出しをマイルドにする狙いです。


次にストックをやり、変化をチェックします。


狙いは的中し、好印象の動きになりました。


また、モディファイをやったせいか、スロットルワークが変わり無意識のうちにコーナーでのパワーの使い方が大きく変わっていました。


コーナー入口、クリップ付近での失速が少なく、立ち上がりも速い理想の走りが出来ました。


そのためか、同時走行していたモディファイのクルマのインを刺したり、5分間抜かれないといった偉業が成し遂げられました。


それからはモディファイとストックの繰り返しで、お互いの走行で気付いた事をもう一方で試すという走行を繰り返しました。



モディファイの変更も狙い通りの好結果で、気持ち良く攻め始めました。


どんどんラインを詰めて、周りのクルマとバトル出来るレベルに仕上がりました。


それから走行を繰り返し、タイムアップしていきました。


その結果、今日のアリーナでモディファイで前車ラップ、ストックでモディファイとバトル等、個人的になかなか満足出来る一日でした。


それをいつでも誰を相手にでも出来るような練習をまだまだ積まなければいけないので、これに満足せずに精進して行きます。


今日は初モディファイをやって非常に良かったです。


これからもモディファイとストックを交互に繰り返しやって行こうと思います。



イーズホビー

今日はツーリングをやりに埼玉県のイーズホビーに行ってきました。


HB松崎選手とご一緒です。


セットは前回からダンパー、リアスタビのみ変更しました。


まずはダンパーです。


前回は引きダンパーでしたが、今回はぱっつんダンパーにしました。


ロールスピードが変わったので、コーナーで踏ん張りが効くようになりました。


また、リアスタビを1.3mm、取り付け位置を外側に変えたことによりコーナー後半で腰砕けしなくなりました。


しかし、ギヤデフのオイル漏れが著しく、終盤はリアのトラクションが抜けていました。


実は、シールグリスを最初に一度塗っただけで、それ以来塗っていませんでした。


あれはメンテナンス時に毎回シールグリスを塗ると漏れないそうです。


また一つ勉強になりました。


しかしながら最終パックで、モーターが全く吹けないというトラブルに見舞われ、あえなく終了でした。


それでも今回もまた新しい発見があったので良かったです。


今回も毎回0.6秒落ちと全く相手になりませんでしたが、松崎選手のクルマと自分のクルマの差がなんとなくわかった気がするので、その差を埋めていきたいと思います。


あとはクルマをカバーする腕の差を極力縮める努力ですね。


また次回、タイム縮めに行きたいと思います。


RCパーク桶川

昨日の谷田部に続き、今日は埼玉県のRCパーク桶川へお邪魔してきました。


こちらのサーキットは、松崎パパが作り、広坂パパが運営しているそうです。


どちらも世界チャンピオンのお父様ですね。


この日は松崎選手が行くということだったので、ご一緒してきました。


コースの大きさは谷田部よりちょっと小さいくらいで、レイアウトか簡単な感じでした。


アウトドアということもあり、路面には埃が浮いています。


タイヤはホールショットのM3やボウタイらしいのですが、ショップになかったので松崎選手のアドバイスを仰ぎパンサーのスーパーソフトにしました。


これがビンゴで、かなり攻めやすいクルマになりました。


喰うところは喰う、喰わないところは喰わないとメリハリが出ました。


それをすぐに掴み、攻め方を変えて行きました。


しかし、ESCの調子が悪く、走行開始後すぐに電源が落ちてしまうという症状が現れました。


この症状がしばらく続き、どうしようもなくて諦めました。


その間、松崎選手のハチイチをやらせて頂きました。


ハチイチ、GPバギー、4WDをやったことのない私には、とても新鮮でした。


電動と違い重いので、コーナーではしっかり減速しなければ曲がれません。


ですがコーナーでクルマを止めると当然タイムも落ちるので、いかにクルマを止めずにスムーズにコーナーリングできるかが課題となりました。


ESCが一時的に復活したので、今度は自分の2WDを走らせました。


ハチイチをやってから電動2WDをやると、すごく軽快な動きに感じ、個人的にはタイムを縮めるいい方向に持っていくことが出来ました。


やはりオフロードは楽しいです。


今回もまた、とても良い経験が出来た内容の濃い練習になりました。


機会があれば、また行きたいと思います。
2011/07/17(日)
B4 トラバ(0) コメント:(0)

YTB

今日も谷田部アリーナへお邪魔してきました。


相変わらずオフロードがメインです。


ちなみに、今までのベストが30秒台と、トップから8~9秒も遅く、話にもなりませんでした(笑)


しかし、ダンパーを前後V2ダンパーに変えたところ、あっさり25秒台に。


その後、浩店長に操縦してもらい、あっさり22秒774というラップが出ました。


そうです。


ダンパーを変えただけで、とても走るクルマに激変しました。


今までのダンパーでは、とてつもないリアの抜けが襲い、ちょっとしたギャップでも飛んでしまうような足でした。


V2ダンパーに変えたら、しっかりと足が仕事をしていて、コーナーでドリフトしながらでも立ち上がれるほど良くなりました。


それからは自分のタイムを詰め始めました。


浩店長の出したタイムを参考に、限りなく近づけるよう試行錯誤しながら走りました。


途中何度か自分のベストを更新するも、なかなか23秒台にすら入れずいました。


しかし、突然スロットル操作を変えてみたところ、かなり良かったみたいで23秒724が出ました。


それからは0.1秒のバトルです。


毎回詰めるというわけには行かず、2パックに0.1~2秒更新出来れば良い感じでした。


そして、ラストパックで23秒032というタイムが出ました。


浩店長の0.3秒落ちです。


このタイムが出せたのは、浩店長のおかげです。


目標タイムをしっかりと設定出来たということが、大幅なタイムアップの成果になりました。


自分のクルマの限界を知り、それにアジャストすることによってタイムは縮んでいくものだと思います。


例えB4がコーナーで前後インリフトしても、コントロールすることが出来たので、それを継続していくことが今後の課題の一つです。


ツーリングは新レイアウトになり、単純に言えば簡単なコースです。


タイムを出そうとすればするほど難しいコースです。


中古タイヤはほぼ喰わず、新品SOREXのR28(YAタイヤ)が喰います。


グリップ材も前後同時に全塗りで放置です。


ギヤデフのオイルはDOT2を仕様しました。


気温やジャンル等で違うとは思いますが、ギヤデフのオイルは揃えておいて損はないと思います。


回りがモディファイばかりなので、自分のタイムが全く参考にはなりませんでしたが、大きく掴んだこともありました。


次回の谷田部アリーナは、オフロードメインを変えずにツーリングの回数を増やそうと思います。
2011/07/16(土)
B4 トラバ(0) コメント:(0)

帰宅

ただいま谷田部から帰宅しました。


詳細は後日書きます。

これから

谷田部アリーナへ行きます。

0.6秒の壁

今日は谷田部アリーナではなく、埼玉県にあるE'sホビーにお邪魔してきました。





こちらのサーキットは3年前に一度、マッハ1耐久レースへ参加する前日に練習で行ったきりでした。


なので、本当に丸3年ぶりです。


レイアウトに変更はなく、懐かしい感じがしました。





更に今回も、松崎選手とご一緒しました。


今までやったことのない、KV値を2800に縛って走行です。


目標タイムは10秒5と設定されました。


早速コースインしますが、わずか3周でCハブを折ってしまいました。


この時は10.850秒とまずまずの出だしでした。


それからどんどん走りますが、中々そこから上に行けずに悪戦苦闘してました。


松崎選手に様々なアドバイスを頂きながら、ラインを詰めて行きますが攻めれば攻めるほどコースが牙を向いてくる感じです。


松崎選手と一緒に走りますが、毎回ベストで0.6秒違います。


自分がタイムを縮めれば同じだけ松崎選手もタイムを縮めてきます。


タイムが落ちれば同じだけ落ちます。


毎回0.6秒の差が生じます。


しかし、毎回同じ差が生まれるのなら、路面の良し悪しでタイムの変動を最小限に抑えている、確実に路面をベストに近い状態で使えていたという事になるかも知れません。


また、自分に安定性も生まれてきた証拠でもあると思います。


しかしストレートで差が広がるので少なくとも直線で0.1秒は違いますが、それを除いても0.5秒は確実に遅いというのも事実です。


さすがプロと言う感じでした。


松崎選手に後ろから煽られるプレッシャーは、とても楽しく、そしてメンタル面でも強くなれます。


最終的には本日のベストが10.720秒と、あと0.22秒を詰められずに終わりました。


今回の走行は、普段の何十倍もの効果があったように思えます。


松崎選手は今後、アメリカに拠点を移しますので、中々会えませんが、機会があればご一緒したいと思います。


ありがとうございました。

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。