スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ウィンターチャンピオンシップ

今日は谷田部アリーナで開催された、オンロード・ウィンターチャンピオンシップに参加してきました。


今回もスポーツクラスにエントリーしました。


そしたら、参加人数が32人と結構な台数になりました。


また、今回もメンター兼メカニックとしてパパさまに来ていただきました。


ありがとうございます。


4ヒートある中の1ヒート目、最後尾スタートですが、スタッガー方式なので焦る必要はありませんでした。


いざスタートすると、速攻でウイングマウントがちぎれてあえなくリタイヤする始末。


結構な勢いで荒れています。


この時点で暫定27位と下位に沈みます。


幸先悪いです。。。


予選2回目も、当然のように最後尾からのスタートです。


やはりこのヒートだけ荒れます。


無理やりインをこじ開けてラップしていき、途中でヒートトップに。


そのまま走行していくもバックマークと絡んでしまい、ヒート2位。


しっかりとパスできない自分のミスですね。


暫定12位になりますが、まだAメインには入れません。


予選3回目は、2番スタートということもありうまく抜け出します。


ヒートトップに立ち、本日の自己ベストを大幅更新してゴール。


このヒートスムーズなレースで、とても走りやすかったです。


また、後がないのでミスしないようにワイドラインでのチキン走行でした(笑)


最初からこのスムーズさがあればとも思いますが、それが僕の今の実力でした。


それでも総合6位と下位からジャンプアップできたので、とりあえずAメインに残れました。


決勝はスタートでミスをし、ストレートエンドでアウトから飛ばされ1コーナー手前までゴロゴロ。。。


ビリスタートです(爆)


そこから猛追して5位。


2~4位が見えてきたところでパイロンタッチしてしまいゴロン。。。


なんだかんだで5回ほど飛びました。


そんなことをやっているおかげで6位に落ちますが、復活して5位でゴール。


と、ふがいないレースでした。


1位は世界戦経験者みたいです。


2~4位は全日本ファイナリストだそうです。。。


次元が違いますね。。


でも、その一角に食い込めたことが今回の良い点でした。


逆に悪い点としては、単独ミスが多かったこと。


これだけ飛んで5位ならば、飛ばなかったら表彰台が見えた可能性があるということです。


今後の課題として、単独ミスを無くすこと、安定感を付けることが挙げられます。


これらの課題をクリアして、さらに上を目指せるよう頑張りたいと思います。


次回のレースはヨコモグランプリの予定です。


それまでにひとつでも課題をクリア出来るよう練習していきます。


会場で応援、アドバイスしてくださった皆様、ありがとうございました。


パパさま、また機会がありましたらよろしくお願いします。


ハッピーニューイヤー、ウィンターチャンピオンシップのセッティングシートは後日アップします。
スポンサーサイト

勝因

今回のレースをもう一度振り返ってみます。


まずは練習から。


年末の練習時点では、正直人間が戦えるレベルではありませんでした。


とにかく安定していない、ラインもめちゃくちゃ、タイムもアベレージが遅い。


これからレースのテストをやろうというドライバーではありませんでした。


とりあえずタイヤだけは決めたいと必死でしたが、なかなか上手く決まりませんでした。


途中、アリーナスタッフの方がセッティングを変えてくださり、さらに人間は混乱しました。


慣れてくると、モーターの発熱も大きくなってきます。


クーリング対策として、ヒートシンクとファンを装着します。


左右バランスがめちゃくちゃ、さらにはスピードダウンでベストも遅くなってしまいます。


ヒートシンクをはずし、重量バランスを見直しました。


バッテリーを若干外側に寄せることにより、改善されました。


あとはとにかくタイヤのテストでした。


タイヤ、ホイールは固定して、インナーのみ数種類試しました。


タイヤはSOREX24R、ホイールはYOKOMOスーパープレジションです。


インナーはSweepカーペット、Bomberイエロー、YOKOMO039Mです。


Sweepは悪くないのですが、あまり速くもない感じです。


横にズルズルしながらコーナーを抜けていくような状態です。


縦にも横にも強くない組み合わせでした。


次にBomberですが、こちらはベストは速かったです。


しかしアベレージが安定しません。


新品では横にも縦にも強いグリップを発揮しましたが、すぐにタイヤが悲鳴をあげます。


結果的に3パックくらいでタイヤはダメになりました。


最後に039Mです。


このインナーはアスファルト路面の谷田部を思い出します。


とにかくハイグリップ向けのインナーですが、これが非常に良い感じでした。


ベストもBomberとほぼ変わらず、アベレージが安定するということでこれに決定します。


とりあえずデータは採れたので、レース当日の朝一で路面状況を見ながら変更することにしました。


次にタイヤの処理です。


グリップ剤は前後同時塗りで時間差は無しです。


フロントのみ内側半分にします。


ウォーマーは前後50度で10分温めました。


ステアリングは楽ですが、インフィールドでの曲がりが足りなく思いました。


そこで、フロントの塗り幅を内側半分から全塗りに変更、その他は前回同様です。


するとインフィールドの曲がりも良くなりましたが、タイヤがグリップするまでに2周くらいかかりました。


このままで2パック走りましたが、やはり同じ状態なので、今度はウォーマーの温度を70度に変更します。


これはオープニングラップからフルグリップしますが、後半でタイヤがブレイクしてしまいます。


次に温度を60度にして再度アタックします。


コーナー2つ我慢するとフルグリップで良い感じです。


5分走ると、ラスト20秒あたりからグリップがしなくなり、まだまだ我慢できるレベルですがアンダーが強くなります。


そこでタイヤを温めた後、グリップ剤を染み込ませたキムワイプで前後のタイヤを拭いてコースインします。


これが当たりで最初から最後までフルグリップで気持ちよく走ることが出来ました。


また、練習時にお会いした方々に「レースで勝たせてやりたい」と言っていただき、大変嬉しく思いました。


今回の優勝は僕ひとりの力ではなく、応援してくださった方々、寝ないでクルマを組んでくれたお父さんのおかげです。


また、前日から面倒を見ていただき、当日は朝からプレッシャーをかけて下さった松崎パパ様。


本当にありがとうございました。


良い意味での緊張でした。


若葉くん。


課題の見つかったレースだったと思います。


それをクリア出来るとまた楽しくなると思うので、諦めずにカツカツし過ぎずに頑張ってください。


まっすん君。


谷田部レースでガチガチになって周りが見えなくなってしまっていたようですが、落ち着いて走れば必ずチャンスがあります。


これからも頑張っていきましょう。


今回のレースは、僕自身を大きく成長させてくれた忘れられないレースでした。


これに満足しないで、次のレースに向けて練習します。


マッピーさんにも、上のクラスのお誘いをいただきました。


まだまだご迷惑をお掛けすることになるとは思いますが、今後もよろしくお願い致します。



松崎パパ様、応援してくださった方々、本当にありがとうございました!

ハッピーニューイヤーレース

今日は谷田部アリーナにて新年レースに参加してきました。





クラスはツーリングスポーツ、15人の参加です。


まず、クルマを新車にしました。


WSメインシャーシに変えてセットはそのままです。


実は今朝までかかり、寝れませんでした。。。


そのままレースに参加と、ハードでした。


そのため、練習走行はほとんど出来ないまま予選を迎えました。


予選一回目


スタート方式は横2列の一斉スタートです。


僕は後列からのスタートでした。


混乱を避けるため、様子見をしながらスタートしたところ速攻でケツをつつかれました。


それから追い上げ3番手。


その後、前のクルマをぬこうとして外にはじき飛ばされました。


そこで10秒ロス。


ビリから追い上げ3番手ゴール。


暫定5位くらいです。


次にむけ、タイヤを新品に変えます。


予選二回目


今度は前列スタートです。


ロケットスタートが決まりトップで周回します。


やはりバックマークを抜くのに手こずりタイムロス。


途中ストレートで絡みますが、すぐに立て直します。


細かいミスが目立ちましたが、ハイペースでラップを刻みTQ獲得でした。





決勝


初めてのTQスタートなので、1コーナー抜けるまでは探りながら走ります。


2コーナーからは攻め始め、後続を離していきます。


途中単独ミスし、2位が一気に迫りますが再び離れます。


その後も細かいミスが連発でしたが、そのままトップを譲る事なくゴール。





TQ to Winが出来ました。


そんな感じで今年のRCレース活動がスタートしました。


3位には同じ福島県の選手が入りました。


また、ツーリングハイパースポーツ、1/12ストックにも福島県の選手が表彰台に上がっていました。


やはり上手なレースマネジメントでした。


今日は出だしの良い結果に終わったので、様々な目線から自分自身を見なおし、得意な部分は更に伸ばしながら苦手な分野を中心に練習をしてスキルアップを目指していきたいと思います。


また、会場で応援してくださった方々、大変ありがとうございました。


とても力になりました。


これからも応援よろしくお願いします。






| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。