スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

BD7

YOKOMOより、NEWカーの発表がありました。


その名もBD7























※Red RC様より拝借。

様々な変更がありますが、今回は触れないということで。


世界戦でも良く走っていたと思います。


それだけに、悔しい気持ちもあります。


今後、市販されるのかわかりませんが、僕は使用予定です。
スポンサーサイト

TQ!

Top Qualifier





※RedRC様より拝借


原さんTQ!

IFMAR2012 1/12 World Champion

1/12レーシングの世界選手権も終わり、次からはいよいよツーリング世界選手権となります。


そのまえに、新しい世界チャンピオンを。


LRTues-NaotoTrophy-1.jpg


TEAM YOKOMO

NAOTO MATSUKURA


※写真はRedRC様より拝借

松倉選手は、予選からズバ抜けた速さで圧倒し、TQ獲得。


そのままタイトル獲得という完璧なレース運びでした。


また、世界選手権三連覇は至上初?と思います。


今後も頑張ってもらいたいです。


松倉選手、おめでとうございます!

目標クリア

一昨日は谷田部、昨日はカシワに行ってきました。


谷田部は特にタイムも計測せず、気にもせずで終わりました。


モーターブローとともに・・・


昨日のカシワは、朝から路面が濡れていて、いい条件のテストが出来そうでした。


しかし、予想とは反対に、なぜかグリップが高くてテストになりませんでした。


そして、今回よりハカルンジャーを投入しました。


あくまでも5分間のタイムを計測したいからです。


まずはグリップ剤のテストから開始します。


いつものグリップ剤、なかなか使わないグリップ剤、お借りしたグリップ剤などなど。


どのグリップ剤にしても、タイムの変化はあまり見られませんでしたが、クルマの挙動の変化が面白いです。


グリップするもの、しないもの、オーバーステアなもの、アンダーステアなものetc...


自分の好みに合わせることも可能かと思います。


それでもやはり重要視するのはタイムです。


ベストラップも大切ですが、それ以上にアベレージが重要なポイントとなります。


アベレージがベストの0.2秒落ちくらいで常に安定していると良いのですがなかなか難しいです。


現時点で、第一目標の16周には入らず。


タイヤが死んでいるのか。。。


ここで、ズッキーさんよりタイヤをレンタル。


タイヤの処理をしていざコースイン。


喰います。。。


やはり自分のタイヤは終わっていたようです。


あっさり16周に入り、目標達成。


その後、自分のタイヤに戻すと15周。


完璧にタイヤでした。


最終パック、ズッキーさん、かめ太くん、Y選手と模擬レースをすることに。


最後尾スタートから特に変わらず2周します。


タイヤが喰わない。。。


と、ここでかめ太くんがコける。


次にズッキーさんにプッシュしたらコける。


ついにTQスタートのY選手の後ろに。


と思ったらY選手もがコける。


結果、最後までこけなかった自分の勝ちという、ウケレースになりました。


やっぱりこけないのは大事だなと、変な納得ができました。


来週もカシワを予定していますが、雨が降ったら家で荷物整理でもします。

IFMAR

今日からIFMARのため、多くの選手が日本を発ちました。


それぞれの選手がさまざまな思いで迎えるであろう世界選手権。


現地で見れないのは非常に残念ですが、ライブ等でチェックしていようと思います。


楽しみですね!

グリップ剤

昨日はレイアウト変更後、初めて谷田部アリーナへ行ってきました。


この日は、前日の関東選手権に引き続き、CS(グリップ剤)が使えるのでテストをしてきました。


まずは普段から使えるTC-2を使用しました。


路面にCSが染み付いているせいなのか、グリップが良く感じます。


曲がりは初期から鋭く、ちょっと鋭角に曲がる感じです。


そのため、リヤの抜けがちょっと気になりました。


次にCSを使用します。


タイヤに染み付いているTC-2と反応されるとCS本来のフィーリングがわからないので新品にします。


タイヤの処理はTC-2と同じでやりました。


TC-2よりもグリップ感が高いというのが第一印象でした。


しかし、それ以上に印象付いたのが曲がりの違いです。


TC-2は初期の曲がりが鋭く、鋭角なのに対し、CSは初期が若干マイルドになり、丸く曲がるような感じでした。


これは路面に染み付いているCSとの兼ね合いもあると思いますが、自分のイメージしていたものとは正反対の結果となりました。


ここで、再びTC-2に戻します。


当然、今回はグリップ剤の比較なのでタイヤも戻します。


ここで意識したのは、始めに感じたフィーリングと変化はなかったかどうかという点です。


やはりフィーリング的なものは変わらずといったところで、タイム計測を開始します。


トップタイムの0.3秒落ちと、まずまずな感じ。



CSは、そこから更に0.05秒落ちといったところでした。


ベストラップを狙うにはTC-2の方が良さそうですが、アベレージを安定させるならCSといった感じです。


どちらも個性のあるグリップ剤でした。


最後に、CS→TC-2の順で、下地、上塗りの効果テストをして見ました。


湿度が高く、なかなかグリップ剤が飛ばずで大変でしたが、面白い結果となりました。


CSのグリップ感で、TC-2の曲がりになるうれしい誤算です。


しかしながら路面が重くタイム更新とまでは行きませんでしたが、とても良い経験が出来ました。

※7/17(火)以降はCSは使用禁止となりますので、くれぐれもご注意ください。
現在使用可能なグリップ剤は、谷田部アリーナで指定されているTC-2のみとなります。

Impatience

最近の練習は、以前にも増して深く濃い内容になっています。


確実にスキルアップしている手応えはありますが、不満だらけです。


いくら練習をしても、足りないとしか感じません。


満足行った日はほとんど無しに等しいです。


あとどれだけ悔しい思いをすれば速くなれるのでしょうか?


正直、焦っています。


自分の目標とする方に、どんどん置いて行かれるような気がします。


最近の彼は、とても速くて必ずレースの主役になっています。


自分は無難なポジション。


父と一緒にやっていますが、普段はほとんどケンカなどしないのに最近はケンカも多々あります。


それだけ自分に余裕がなくなっています。


関東の予選で結果がさほど悪くなかったが故の焦りだと思います。


TQでも無いくせに生意気だと言われるかも知れませんが、今年の自分は今までにないくらい調子が良いです。


その反面、欠けたものもたくさんあります。


その欠けたものが重要な事は、自分が一番わかります。


今までは、それを頼りにラジコンをやっていたので、クルマの変化を感じ取れました。


現状はちょっと厳しいかも。。。


そんな甘ったれたこと言ってる余裕は無いのですが…


練習しても現状維持で、それ以上に持っていけない事にも腹が立っています。


焦ってもダメなのは分かりますが、今の僕にはこの衝動を抑える事が出来てないのが事実です。


夢でもラジコンやってるくらいです。


ハッキリ言って、寝覚め悪いです。


夢でも勝てないどころか追いつけない。


結構キツいです。。。

祝!30000HIT!

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。


お陰様で、30000アクセスを超えました。


更新したり、しなかったりと不定期なブログですが、今後も続けて行こうと思いますのでよろしくお願いします。


ありがとうございますm(_ _)m


浜王

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。