スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

抽選会

先日のヨコモグランプリの抽選会にて。


こんなものが当たりました。





練習ですね!
スポンサーサイト

ヨコモグランプリRd.15

ヨコモグランプリRd.15に参加しました。


ツーリングクラスと1/12クラスに参加予定でしたが、諸事情によりツーリングのみとなりました。


Team YOKOMO 松崎 隼人 選手も参加しました。


前日の練習走行では、とても調子が良かったのですが、やはり松崎選手が頭一つ抜けて速い感じです。


その差は一体なんなのか。。。


レース当日


予選1回目


まず、ヒートトップでスタートしますが、オープニングラップはリラクマタロウ選手に負けます。


途中でヒートトップを奪いますが、残り1分くらいで松崎選手にトップを奪われます。


一時的に0.5秒差まで詰めますが、微妙なミスをしてしまいノーグリップの餌食に。


結果、1.7秒差で敗北。。。


ちなみに、松崎選手は終始ドリフト状態。


予選2回目


なぜか松崎選手のタイヤメイクをすることに。


予選1回目のグリップの差が気に入らなかったらしいです(笑)


ちなみに、タイヤは新品です。


自分のクルマも負けじと、新品を投入します。


このラウンドは2番スタートですが、ヒートトップスタートの松崎選手に詰め寄ることができ、オープニングラップはトップで返ってきました。


トップの状態が3~5周続きますが、またもやノーグリップの餌食に。


そのままドリフト走行。


差はグングン広がりタイムアップ。


3.5秒差で敗北(その2)。。。


松崎選手と自分のみが19周ゴール。


決勝


TQは松崎選手で、自分は2番スタートになります。


スタート直後から3周は、あきらかに自分の方がペースは速いのですが、ワーチャンを抜くまでの速さ、技術が無かったようです。


さらに、最初の猛プッシュでタイヤを使い切ってしまったようで、ゼロトラクションになってしまいました。


松崎選手との差はどんどん広がっていきタイムアップ。


松崎選手と自分のみ18周ゴール。


5.5秒で敗北(その3)。。。


結果は総合2位でしたが、松崎選手が賞典外ということで、ヨコグラ初優勝になりました。


表彰台の真ん中に立てたのも1年ぶりくらいで、やっと乗ることが出来たと思った瞬間でした。


また、優勝のトロフィーは、ヨコモの横堀社長より直接手渡しで戴き、リースは正美さんに掛けて頂く等、嬉しさ100倍でした!


また、正美さんにはアドバイスも頂き、次回の走行が今から楽しみとなっています。


今回のレースを等しての反省点は、タイヤでした。


予選、決勝を通して、オープニングラップでは松崎選手の前にはいましたが、後半までは持ちませんでした。


もっとタイヤの使い方やトラクションコントロールを身につけないとダメみたいです。


ThやSt等のスキルアップをして、クルマに優しいドライビングが出来るよう練習します。


参加された選手の皆さん、お疲れ様でした!


無題

この土日(も)、谷田部アリーナにいました。


ただ、いつもとは違う気持ちで練習に臨めました。


今の自分の実力と結果。


今後の目標。


全てがイコールになっていないことに、改めて気付きました。


結果を追いかけても振るわないこと。


実力があれば、結果が自ずと着いてくること。


そしてなにより、今、自分が何をすべきか明確になった週末でもありました。


頂点に立つには、それ相応のものが必要なんだと。


正美さんやロナルド、マークなどの世界に君臨するドライバーを見ると、とてもそんな気持ちにさせられます。


練習の内容もただ単にやっていては意味がない。


レースをするにあたり、自分がやらなければいけないことが、少しずつですが見えてきました。


今年の全日本に全てをぶつけるつもりで、取り組んで行こうと思います。


それで、今後の自分のあり方が決まるような気がします。


今年の目標は、どんなレースでもいいから7勝すること!


7勝の意味は、「ラッキー7」と「BD7」


がんばります。

ラウンドレース兼1/12レーシングストッククラス関東予選

先日、谷田部アリーナにて行われた、ラウンドレース兼1/12レーシングストッククラスの関東予選に参加しました。


ラウンドレースということで、ツーリングクラスにも参加しました。


予選1回目


ツーリングクラス


朝イチの練習で、クルマはすこぶる良く走ります。


これはもしかしたらイケると思っていました。


いざスタートすると、ギアノイズが生じてしまい、コーナー3つでリタイア。


5分間ずっと操縦台の上でさらされてました。


原因はセンターシャフトを固定するビスが片方抜けていました。


意外と確認しないところの落とし穴でした。。。


暫定ビリ。


1/12ストッククラス


こちらは前日からの片巻きが治まらないままの出走になりました。


スタートから巻き巻きでまともに走れず終了。


33周で15位と下位に沈みます。


こちらもビスの緩みが発覚。


予選2回目に掛けます。


予選2回目


ツーリングクラス


予想以上に路面が落ちていました。


意地で20周に入れ、ヒート2位でゴール。


ビリから総合7位までジャンプアップ出来ました。


あとは各部チェックをし、決勝を待つのみです。


1/12ストッククラス


ビスを締め直し、なんとかタイムアップを目指したいところですが、なぜか片巻きが治まりません。


気合いと根性で(笑)なんとか8分間まとめ上げました。


片巻きの原因はタイヤの剥がれでした。。。


しかし、唯一の35周でTQ獲得!


同時にストック選手権の予選をTQ通過で終えました。


こちらも、決勝に期待が持てます。


決勝


ツーリングクラス


スタート直後の混乱を上手く抜けて一気に4位まで上がります。2-3位のバトルのすぐ後ろに付いたとき、後ろから追突されてモーターブローでリタイア。。。


1分程度の走行で終了しました。


予選7位-決勝10位


1/12ストッククラス


こちらはスタートがうまく出来ず、速攻で2位にインを刺されて抜かれます。


その直後、後続のクラッシュに巻き込まれ下位に落ちます。


その後、なんとか立て直し3位を走行。


2位の選手に追いつき、わずかに開いたインを刺します。


ところが、接触してしまい相手が転倒。


しかし止まるスペースもなくそのまま走行してしまいました。。。


結果2位でゴール。


なんとも後味の悪いレースでした。


当然、レース終了後に謝りました。


ペースが全然違ったから、いつ行かせるか迷ってたから、全然大丈夫だよ


とは言っていただけましたが、そういう問題ではないですね。


もっとレース経験を積んで、余裕を持って走れるようにならないとですね。


予選TQ-決勝2位


参加された皆様、お疲れ様でした。

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。