スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ダンパー

「セッティングを覚えなきゃ」と言われ、最近は勉強しています。


僕がまず着目したのがダンパー。


ダンパーには数多くのスプリングがありますが、それはオイルも同じです。


今回のテーマは「ダンパーオイル」


同じ硬度でもメーカーによって若干違います。


僕の場合、ダンパーオイルはCYCLONEにはhpi製、B4にはアソシ製を使用しています。


CYCLONEは、春~夏・秋~冬でオイルの硬さをある程度変えています。


春~夏
フロント #35~#45

リヤ #30~#40


秋~冬
フロント #25~#35

リヤ #20~#30


基本的にフロントの硬度マイナス5でやっています。


例えば、フロントに#35を入れた時はリヤ#30といった形です。


場合によっては前後同じにしたり、リヤのオイルをフロントのマイナス5以上にしたりします。


これは、これからテストを繰り返してベストな基準を探すつもりです。


オフロードは年間を通してフロント#30、リヤ#25を使っていますが、こちらもベストな基準を探します。


見つかったらアップしますので、お楽しみに(いつになるのやら)
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。