スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

続・ダンパー(オフロード)

ダンパーオイルの基準ですが、僕もいろいろと試してみました。


ある程度の基準を聞いていたので、試してみたらすごい好感触でした!


それを基にオイルを5番ずつ前後させてみました。


硬くすると加速はよくなりましたがロールしにくくなり、ギャップに足を
取られやすくなりました。


ジャンプの着地でもクルマが跳ねるのでタイムロスに繋がりました。


逆に軟らかくすると、加速は若干鈍りましたがしっかりロールしてギャップも
綺麗にクリア出来るようになりました!


ジャンプの着地でもしっかりダンパーが沈んで跳ねもかなり抑えられました。


これが一番好感触でした。


アソシ製オイルの場合、僕の基準はフロントが気温+15、リヤは気温+10で固まりそうです。


例)気温が5度の時

フロント・#20

リヤ・#15


といった感じです。


これを基準に、その日の路面やグリップを見てオイルを前後させるようにします。


フラットで埃が少なく、グリップが高い時は硬く


ギャップが目立って埃が多く、グリップが低い時は軟らかくといった感じです。


これはあくまでも僕のフィーリングなので、必ずしも正しいわけでは無いので
ご理解ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。