スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

プロポの秘密

実は、僕のプロポには特別というわけではありませんが
ちょっとした加工が施してあります。

それは、ステアリング部に隠されています。

HELIOS C2から採用された、小径ホイールからしか出来ない
ステアリングの切れ角調整機能を活用しています。

しかし、スクリューで調整しただけでは左右の切れ角が若干でも
変わってしまうので、僕はスペーサーを噛ませて合わせています。

これだけでは舵角も減ってしまうので、プロポの設定で
ステアリングトラベルとデュアルレートを活用してステアリングを
いっぱいに切った時、切れ角が最大になるように調整しています。

これによって、ステアリングを動かした時の反応速度が上がり
レスポンスが良くなります。

また、ESCを調整後、スロットルを動かさなくてもクルマが
動くポイントのぎりぎりまでトリム調整を行います。

すると、スロットル操作に対しての反応も良くなるので、ドライブ
しやすくなります。

状況によっては、ステアリング、スロットル共にカーブを使用して
レスポンスを調整します。

細かい設定が気になる方は、その部分の名称(おおまかで結構です)
コメントにてご質問ください。
スポンサーサイト
コメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/10/10 12:52 * [ 編集] | TOP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。