スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

BD5WR その2

今回はメカ編です。


まずは全体像から。






配線ぐちゃぐちゃですね(汗)


近々直したいと思います。。。


これから使用しているものを紹介したいと思います。


まずはプロポからですね。






以前から使用しているKOPROPOの最新モデル・EX-10 EURUSです。


瞬間的なレスポンスはHELIOS以上UR未満といった感じです。


後半のレスポンスはどちらにもないリニアさが抜群です。


とても使いやすくて良いですね。


続いて受信機です。






D.D.S対応のKOPROPO製KR-409Sです。


写真見づらくてすいません。


受信機は良くわかりません(笑)


お次はサーボです。






サーボもKOPROPOの最新モデル・RSx-Response H.Cです。


このサーボはスピードが0.06sec・トルクが17.6kgという最強のスペックです。


しかし実際に使ってみると、驚くのは速さよりリニアなのがわかります。


しっかりと手に着いて来る動きをしてくれるので、クルマとの一体感がより強くなりました。


センターの保持力も高いのでストレートも走りやすくなりました。


これはかなりのスグレモノです。


最後にESCです。






KOPROPOのESC、VFS-1BMC Ver.1です。


写真見づらくてすいません。。。


こちらも近々オーバーホールしながらVer.1.5にバージョンアップします。


現在の状態は、ESCで設定出来る項目のパワフルになっています。


この設定にしたことで、クルマが前に進もうとする力が強くなりました。


パンチというよりはトルクが太くなった感じがします。


ESC自体も指に追従してくれるので、細かい操作も非情に楽です。


個人的にはKOPROPOは信頼性が高いので、ずっと愛用しています。


今回はメカ編をお送りしました。


次回はパワーソース編です!
スポンサーサイト
コメント:

このサーボいいよね
by: 達也 * 2011/01/12 10:27 * URL [ 編集] | TOP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。