スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

タイム更新

今日は谷田部へ行ってきました。


前回の続きで、セットを毎回変更しました。


まずはデフを変えました。


特に大きな変更はありませんが、使用するグリスを変更しました。


これにより、いい感じの重デフになり、トラクションが増して、好結果です。


次にスプリングを変更しました。


これはヨコモの芹澤選手とお話をさせていただき、アドバイス等をいただきながら進めました。


前回まではフロントにブラウン、リヤにシルバーを付けていましたが、今回はフロントに
シルバー、リヤにグリーンにします。


この変更によって全体的なロールが増え、今までのツッパリがなくなりました。


また、オーバーステア感とは打って変わり、ドアンダーになりました。


しかしタイムに変化はないので、このまま進めます。


次にシャーシに計28gのウェイトを載せました。


これにより着地時の跳ね返りが抑えられ、ジャンプ後のコーナーで姿勢を崩さずに進入できるようになりました。


これでタイムが0.5秒ほど縮みました。


さらに今度はフロントのバルクヘッドに7gのウェイトを載せました。


この変更でフロントのグリップがあがりました。


しかし、ジャンプの姿勢変化にあまり差が見られなかったのには驚きでした。


次はアクスルの高さを変えました。


今まではナックルが一番低い位置にあったのを真ん中の高さにしました。


それによって初期の反応が良くなり、若干ですが初期が曲がるようになりました。


それでもフロントの喰いが甘いので、フロントのスプリングをシルバーから1ランク軟らかいグリーンにしました。


これが抜群に良く、フロントの回頭性だけでなく、全体的にグリップが向上しました。


するとタイムはやっと21秒台へ突入しました。


B4で出たタイムがB4.1では出なかったので苦戦していましたが、これにより第一難関クリアです。


最後にウイングをJC6.5インチからヨコモごくらくウイングのラウンドタイプへ変更しました。


これによって、踏みながら曲げられるクルマになり、タイムもわずかに縮みました。


セットはここまででした。


最後は22秒台でアベレージが揃ったので、ある程度走れるようになりました。


次回はもう少し細かくセットを詰めて、タイムを21秒台で安定して走れるようにしたいと思います。


ボディで0.5秒変わるとしたら、本日の谷田部2WDのタイムでベストになります。


ですが実際にボディを変えて0.5秒縮む保障はないので、まだまだ修行します。


本日はなかなか満足できる練習でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。