スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

福島遠征

今日は福島での走行でした。


まず、午前中に所用を済ませ、午後からラボへ行ってきました。


若葉くん、まっすんくんは既に走行している様です。


2人とも17.5にブースト、進角MAXです。


午前中に若葉くんから着た一通のメール「ハイサイド祭です」


はい。原因はフロントにグリップ剤を塗り過ぎでした(笑)


塗り方を変えるよう指示をして、走行してもらいました。


案の定、クルマはよく曲がり、ハイサイドは起こしませんでした。


現地に着いてからはまず、まっすんくんにモーターを貸し、タイヤをテストします。


ラボ定番と言われている、SOREX28にSweepカーペットです。


こちらは中古タイヤなので、ウォーマーで温めたのみで出走しました。


グリップは高いのですが、コーナーでの動きが重いので、タイヤ、インナーは変更せずに新しく組みます。


新品にはグリップ剤を塗り、ウォーマーは無しで出走します。


これが当たりで、コーナーでも動きが軽くなりました。


そこでボディ。


Speed6軽量を使用しましたが、ボディの高さだけを3周前後で調整しながらやりました。


これだけで、全体的な曲がり方、グリップ等の変化を付けられました。


これはやっていて面白かったです。


その間、若葉くんにはタイヤをテストしてもらいました。


Sweep QTS28にSweepカーペットです。


これは若葉くんにはグリップが薄いようで、ボツです。


タイヤはそのままで、インナーをSweepウルトラライトに変えてみました。


これはアンダーらしくダメみたいです。


やはりSOREXのようです。


次に、僕もSweep QTS28にSweepカーペットを試しました。


これがベストな感触です。


SOREXに比べ、縦のグリップは劣るもののコーナーが非常に速くなりました。


縦への加速を差し引いてもこちらの方が速そうだったので、タイヤは決定です。


次に悩んだのが車高です。


5mmスタートですが、ロール時にシャーシが擦るような感じで、変な引っ掛かりをします。


そこで、単純に5.5mmにして再度コースインしてみると引っ掛かりは無くなったものの、不安定で高速コーナーで浮いてしまいます。


更に微調整で5.3mmにしました。


これで安定感、引っ掛かりも問題なく快走しました。


それで変更は以上です。


途中、モデ4.5をやりましたが、ただのオーバーパワーで見た目速くてタイム遅いでした(笑)


これは、若葉くんとまっすんくんにやってもらい、17.5のスピードを遅く感じてもらうために用意したものでした。


案の定、2人ともストレートで壁に激突です(笑)


壊しても良いことが前提で貸していたので、ぶつけても吹っ飛ばしても何も言いませんでした。


若葉くんには効果あり、まっすんくんには逆効果となってしまいました。


若葉くんは、ある程度落ち着いて走れるようになりました。


しかしまっすんくんは、スロットルがラフになってしまった感じがします。


そこで、まっすんくんには僕の17.5をやってもらいました。


KV値2800なので、ストレートは自分で稼がなければいけません。


しかし、それ以前に巻き巻きで走れていませんでした。


やはり他の方には難しい様です。


そんなこんなで楽しくやっていました。


ラストに、模擬レースをやることにしました。


それぞれポンダーを付けていたので、僕も購入して搭載しました。


若葉号は17.5ブーストで進角MAX、まっすん号は7.5ブースト、浜王号はスポマンレギュでスタートです。


なぜか他の2台はかなり荒れています(笑)


その横を何事も無かったかのように抜けて行く浜王号。


いざ終わってみると、5分で約5LAP差が。。。


レースという言葉に過敏に反応したようです。


結局、1周あたり0.6秒以上の差がありました。


それでも皆で楽しく遊べたので良かったと思います。


また機会があれば、ラボへ行きたいと思います。


今日はお疲れ様でした。


次は若葉くん、まっすんくん、谷田部で会いましょう!


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。