スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

GT500

今日は谷田部アリーナでGT500をやってきました。


今回はスポーツコースでのテストがメインでしたが、どれも結果良好です


グリップ剤は使えなので、フロントにミディアム、リヤにソフトの中古タイヤを装着します。


スタート時はクルマが跳ね、イレギュラーな動きに悩まされたので、アライメントを再度確認してコースインします。


最初よりはマシですが、クルマの挙動はほとんど変化ありません。


そこで、フロントサスアームをオプションのインナースプリングタイプに変更します。





(写真撮り忘れて、このあと付けたダンパーが一緒に写っています。。)


それに伴い、フロントのスプリングを標準のゴールドからブラック(スーパーソフト)に変更します。


するとフロント周りは大分落ち着いたので、タイヤを変更してみます。


フロントにGコンパウンド、リヤにはラジアルのソフトを装着します。


グリップ剤無しにも関わらず、強烈なグリップを発揮します。


その高いグリップのせいか、リヤが跳ねるので、ピッチングダンパーのオイルを標準からヨコモ600へ変更します。


この変更でピッチング方向の跳ねは収まりま、タイムも良くなりましたが、今度はロール方向が弱い感じがします。


そのため、ロールダンパーのオイルを標準からヨコモ700へ変更します。


クルマはとても安定するようになりました。


安定感も出てきたところで、またまたタイヤを交換します。


フロントをGコンパウンドから、ラジアルのミディアムへ変えます。


これはステアリングをちょっとでも切りすぎると即スピンです。


しかし、それに合わせられればとても速いのでそのままにします。


普段からそういうクルマなので、特に苦もなく走ります。


どんどんタイムアップしていく中、フロントの暴れが気になりました。


そこで今度はフロントにダンパーを装着します。





オイルをヨコモ200と軟らかめにします。


ダンパーの装着により、運転は楽になりますがアンダー気味な感じです。


それでもタイム、安定感ともにこちらの方が良いのでこのままです。


そのまま人間が走りを変えて、ラインを変えての繰り返しで、今日は5時で終了です。


特に悩むことなく走るようになったので、今日の課題はクリアです。


そのまま実践投入できるレベルにはあとちょっと及びませんが、いい感じの仕上がりになっていると思います。


また近いうち、GT500をやります。


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。