スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Asia OnRoad Cahmpionship 反省

Asia OnRoad Championship


今回のレースを振り返ってみます。


予選1回目


スタートからいい感じで走行を続けます。


5分間、とても長い気がしていました。


Team YOKOMO森田選手と熾烈なトップ争いが最終ラップまで続きました。


結果、0.6秒差で勝利。


ヒートトップです。


ところが、暫定1位が最終ヒートまで続きました。


しかし、最終ラップで逆転されてしまいました。


その差なんと0.007秒。


悔しい。


総合では2位と、高ポイントを獲得できました。


ここでレギュレーションの変が。。。



4Rd.-2Pointが5Rd.-2Pointになりました。


また、当初予定されていなかったヒート組み換えまでもが行われました。


走りづらくなってしまいました。


予選2回目


何かが狂い始めたかのように、ペースが上がりません。


それでもヒートトップの走行を続けますが接触。


戦線離脱です。


なんとか持ち直してゴール。


総合5位です。


予選3回目


タイヤを新品にしますが、ノーグリップ。


どうやらはずれタイヤを引いてしまったようです。。。


我慢の走りで総合10位。。。


予選4回目


タイヤを戻し、プッシュをかけます。


しかし著しいペースダウンに悩まされます。


結局ミスしていないのに激遅。。。


総合10位で終了。


初日は5位で終えます。


2日目がスタート。


モーターを新品に変え、予選最終ラウンドに望みます。


速いのか遅いのか。


ペースが後半まで続かずダメ。


周りのミスに助けられ、総合6位でフィニッシュ。


最終予選結果は5位でした。


決勝1回目


スタート直後のノーグリップで接触。


うまく立て直し気づけば4位浮上。


3位の森田選手を追いかけるもタイムアップ。


その差0.07秒。


4位です。


決勝2回目


スタートで混乱があり、再スタート。


再スタート後もうまく抜け出し3位走行。


途中、森田選手に追突されましたが、リカバーして順位をキープします。


トップ2台が絡んでいるうちに2位浮上。


そのままゴールかと思いきや、トニー・メテオ選手にインチョロチックなオーバーテイクをされましたが、上手いと思った瞬間でした。


しかし、そのオーバーテイクで自分のクルマがはじかれてしまい、サーボステーが曲がって真っ直ぐ走らなくなってしまいました。


その隙に4位に落ちてしまい、なんとか順位キープでゴール。


結構キツいです。


最初のペースが後半まで持たず、追い上げられてしまいます。


ここで暫定2位?3位?といった感じです。


決勝3回目


モーターを新品に変え、トップゴールを目指します。


スタート直後、上手く抜け出し2位走行。


トップに追いつける速さはなく、順位キープで表彰台を目指します。


後ろからの猛プッシュをすべてフェアなブロックで交わしてきました。


ヤッシーさんから奇麗なブロックだと褒めていただけました。


そのため、2-7位まで1秒圏内です(笑)


30sec. ago


スコッティーのアナウンスが聞こえます。


このままゴール出来ると思ったら、最悪のシナリオが待っていました。


再び森田選手にプッシュされてしまい、レース終了。


渋滞だったので、復帰したときにはかなり順位を落としていました。


6位ゴールで僕のAOCは終わりました。


総合結果では、5位と、予選のポジションキープとなりました。


Aメインには残ったものの、不運なレースで結果が思うように残せませんでした。


しかしながら、スコッティーに名前を呼ばれて操縦台に上がることが出来たのは、最高の思い出となりました。


次のレースはフタサンカップになるかと思います。


こちらは前日のみの練習となりますが、頑張っていこうと思います。


YATABE ARENA Hiroshi Suzuki


Super MC Scoty


Thank you
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。