スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Speed King Tour East 2013 Rd.3 参戦記

Speed King Tour East 2013 Rd.3 in YATABE ARENA


参加しました。





実質、プレ全日本となったこのレースで、どう戦うかの練習を兼ねていました。


前日の練習では、Aメインに残れるかどうかという状態で、あまり望みのあるレースではありませんでした。


レギュはコントロールタイヤ2セット、予選3回(内1ラウン目はベストラップ方式のコントロールプラクティス)のベストラウンド、決勝1回となります。


予選1回目(兼コントロールプラクティス)


スタートから好調を期して3ラップ目に14秒台に突入します。


ここからと思った矢先、ベアリングがロックしてしまい、ホイールが熱で溶けてしまいました。


そこでコントロールプラクティスと予選1回目が終了しましたが、なぜか笑顔の自分。


気持ち的な余裕がありました。


特に誰が悪いわけでもなく不可抗力で起きた現象と、タイヤが1セットしかなくなってしまった状況で、何かが吹っ切れたみたいです。


ここで予選の組み替えがあり、ベストラップで9番手になり、Aメインヒートに入り込みました。


しかし、リタイアなので暫定ビリ(笑)


予選2回目


クルマはすこぶる走ってくれます。


オープニングラップは2位につけますが、そこから3~4位を行ったりきたりします。


途中、レースリーダーへ道を譲るタイミングを誤ってしまい、0.6秒のロス。


ここで5位に後退してしまいました。


結果は21ラップに突入して総合5位になります。


練習でも出せなかったタイムが、レース本番で出ました。


予選3回目


タイヤは2パック目になります。


順調に走り、2番手を走行。


途中でバックマーカーの処理を誤り1秒のロス。


4位に後退してしまい、そのままゴール。


総合5位で予選を終えます。


決勝


タイヤは3パック目ですが、なんとでもしてやるという気持ちで挑みます。


スタートもばっちり決まりますが、4位の選手がアウト側に膨らんできたので若干様子見しながら真後ろにノーズをぴったり付けます。


すると、3位と4位を走る選手がクラッシュ。


スタート直後に3位に浮上します。


しかし、トップとの差はすでにコーナー1個以上離れています。


自分のペースを守りつつチャージしますが、再びベアリングがロックしそうなフィーリングに。


ここで無理をせず、全日本のポイント獲りの練習に切り替え、前後の差を見ながら自分の遅いコーナーの練習をしました。


残り1分となったところ、ベアリングがとうとう悲鳴を上げてきました。


そこからは後ろとの差だけを見て、完走するための走行に切り替え、無事にゴール。


なんと、プレ全日本で3位表彰台を獲得しました!





3位は悔しいですが、それ以上に応援してくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいでした。


そして今日は自分の誕生日。


21歳最後のレースがプレ全日本で表彰台に乗れたことは、自分への最高の誕生日プレゼントになりました。


次は2週間後に控えた全日本選手権です。


このまま、本戦で大暴れできるように最終調整したいと思います。


今年こそAファイナルに残りたい!!!


そして気付いたこと。


決勝でベストラップが一番遅かった…





かっこいい写真ありがとうございます!!!


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。